ガン

食道癌

「食道癌」に関するまとめ一覧です。
食道癌は初期には自覚症状がほとんどなく、内視鏡検査で発見されることが多い病気です。早期であれば、治る可能性は高くなります。食道の壁は粘膜、粘膜下層、固有筋層外膜の層に分けられます。食道癌は内面を覆っている粘膜の表面にできます。食道癌になる原因には、飲酒ならびに喫煙が関係しています。アルコールはアセトアルデヒドに分解されますが、このアセトアルデヒドが発ガンに関与しています。治療方法は、内視鏡や外科手術、放射線、抗がん剤などがあります。

食道癌”のまとめ

    記事がありません