妊娠

妊娠高血圧症候群

「妊娠高血圧症候群」に関するまとめ一覧です。
妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧が見られる場合や高血圧にタンパク尿が見られる場合にいわれます。特に妊娠後期に起こりやすいです。妊娠高血圧症候群の原因については、まだ不明なところが多いようです。妊娠高血圧症候群の治療は、安静と食事療法が基本です。症状によっては降圧剤などを服用する薬物療法を行う場合があります。妊娠高血圧症候群を予防するには、休養と睡眠をしっかり取ること、疲労をためない適度な運動、できるだけリラックスを心がけることです。

妊娠高血圧症候群”のまとめ

1/2

人気トピックライター