全身

低体温症

「低体温症」に関するまとめ一覧です。
低体温症は、お年寄りだけではなく、最近は低体温の子供や大人の女性が増加傾向にあります。本来人間の体温は平均は36.5度ぐらいです。これは体内の酵素がもっとも活性化されて効率的に働いてくれる温度です。低体温症は体温が35度以下になった状態をいいます。体温が下がると血液の循環がにぶり、酵素の働きが低下をして新陳代謝がにぶり免疫力が低下する症状がおこります。冷たい食べ物や甘い物は体を冷やし、低体温症の原因にもなります。体を温める食事、大根や白菜を積極的に取ることなどの食事による治療もあります。

低体温症”のまとめ