もやもや病

「もやもや病」に関するまとめ一覧です。
若年性脳卒中の代表の脳疾患である、もやもや病。患者さんの頭の中の血管を、脳血管撮影装置で写すと本来あるべき血管のかわりに、非常に細かく発達した血管が多く見られます。この血管を側副血行路といます。この側副血行路がもやもやして見えることがもやもや病の診断基準になります。脳の血流の一番おおもとが、ウィリス動脈輪です。このウィリス動脈輪の前半部に閉塞が起こると、もやもや血管が発達します。このことが、もやもや病の原因になります。もやもや病の治療の目的は脳虚血を繰り返すことで起きる脳へのダメージの予防のためバイパス手術を行います。

もやもや病”のまとめ

人気トピックライター