過敏性腸症候群

「過敏性腸症候群」に関するまとめ一覧です。
過敏性腸症候群は、腹痛や腹部膨満感を伴う便通異常を呈し、再発しやすい病気です。過敏性腸症候群の診断基準は、腹痛あるいは腹部不快が12週間を占め、次の3つの項目のうち2つ以上があてはまる場合です。①排便による軽減②排便頻度の変化で起こる③便性状の変化で始まる。過敏性腸症候群の症状は、下痢・便秘を繰り返し、その際痛いというものです。治し方は、異常な腸管運動を抑え、腸管の刺激に対する過敏反応を抑える薬を投与します。自律神経や中枢神経系の異常とも関連があり精神安定剤を使うこともあります。腸に刺激が強い香辛料やアルコール、高繊維食を控えるようにしましょう。

“過敏性腸症候群”の関連トピック

過敏性腸症候群”のまとめ

人気トピックライター