妊娠

妊娠糖尿病

「妊娠糖尿病」に関するまとめ一覧です。
妊娠糖尿病とは、妊娠中のみに発症する糖尿病のことです。妊娠糖尿病の主な症状は、妊娠中の間だけ血糖値が異常な数値になり高血糖になります。しかし、出産後には通常の数値に戻る方が多いです。検査をして初めて気づくことが多いです。妊娠糖尿病の原因は、妊娠などによってブドウ糖の代謝に異常が起きて必要なインスリンを分泌できなくなることです。これによって血糖値が上昇して発症しやすくなります。治療は、食事療法から始めます。血糖値が高すぎる場合や食事療法で血糖値のコントロールができない場合にはインスリン療法が必要になる場合があります。

妊娠糖尿病”のまとめ

1/2

人気トピックライター