胃粘膜下腫瘍

「胃粘膜下腫瘍」に関するまとめ一覧です。
胃粘膜下腫瘍とは、胃の粘膜層よりも深いところに発生した非上皮性腫瘍です。筋原生腫瘍、迷入膵、神経性腫瘍、カルチノイド腫瘍、脂肪腫等の種類があります。胃粘膜下腫瘍は、自覚症状を伴わないことが多いですが、まれに腹痛や嘔吐等を起こします。胃粘膜下腫瘍の小さいものは、良性の場合が多く、治療は経過観察となります。大きいものや、増大していくものは、悪性が疑われるため、超音波内視鏡検査を行います。悪性であれば、手術の必要がありますが、リンパ節への転移のリスクが少ないため、通常は、腫瘍の周囲だけを切除します。

胃粘膜下腫瘍”のまとめ

人気トピックライター