全身

クローン病

「クローン病」に関するまとめ一覧です。
クローン病は、口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に起きますが、主に小腸と大腸に多く、象徴的な縦に長い潰瘍や敷石状病変を生じます。10代から20代の若年層が多く発症しやすく、男性2、女性1の割合です。クローン病の主な症状は、腹痛、下痢、栄養障害、肛門部病変などがあります。クローン病の発病は、遺伝的要因、細菌やウイルスの感染、食事抗原などが報告されていますが、はっきした原因はわかっていません。治療は栄養療法(エレンタール)、薬物療法(ステロイドホルモン、ペンタサ、免疫抑制剤)、外科療法を組み合わせます。病気と長く付き合っていく覚悟が必要です。

クローン病”のまとめ

人気トピックライター