妊娠

妊娠中毒症

「妊娠中毒症」に関するまとめ一覧です。
妊娠中毒症の原因ははっきりとはわかっていません。出産・流産により治ることが多いことから、妊娠の体にうまく対応出来ないために発症すると考えられています。多胎妊娠、高血圧、糖尿病や腎臓病など合併症のある人がかかりやすい傾向にあります。妊娠中毒症の症状は、むくみ、タンパク尿、高血圧です。妊娠末期の8~10ヶ月におこると言われています。妊娠中毒症にならないためには、日頃の食事内容、喫煙を見直しストレスを貯めないよう、適度な運動、休養と睡眠を取るようにしましょう。

妊娠中毒症”のまとめ

1/3

人気トピックライター