繋留流産

「繋留流産」に関するまとめ一覧です。
繋留流産とは、赤ちゃんの成長が止まってしまっているのに子宮内に胎盤などの組織が残ってしまっている状態をいいます。繋留流産の原因は、ほとんどが赤ちゃんの染色体異常によるものと考えられています。兆候や自覚症状はないことが多いです。出血や痛みなどの症状がないため気づきにくいです。繋留流産になってもつわりは続きます。これは、胎盤などの組織が子宮内にあるためです。手術後または流産後に、自然に治まってきます。繋留流産が起こりやすい時期は、妊娠6週から妊娠9週頃とされています。心拍確認がされた後でも流産する可能性はありますので、注意が必要です。

繋留流産”のまとめ

    記事がありません