潰瘍性大腸炎

「潰瘍性大腸炎」に関するまとめ一覧です。
潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢と頻繁に起こる腹痛です。潰瘍性大腸炎の原因ははっきりとわかってはいませんが、免疫の異常・遺伝・ストレスだと考えられています。原因が解明されていないため、現在では完治する治療法はありません。しかし、規則正しい生活や薬の服用により、発病と同じ日常生活を送ることは可能です。この病気は難病指定されており、公費負担の対象となっています。手続き方法など、ここには潰瘍性大腸炎に関するあらゆる情報が載っています。

潰瘍性大腸炎”のまとめ

    記事がありません

1/3