心の病気

非定型うつ病

非定型うつ病とは、好きなことはできるが嫌なことは出来ないという状態のことをいいます。非定型うつ病の症状として、好きなことには前向きになり取り組みますが、嫌なことは気分が沈み手につかないという浮き沈みが激しいということが1番にあげられます。過食やパニックに陥る場合もあります。非定型うつ病の原因は、職場や学校などで嫌な思いをした場合、または新しい環境でそのことを思い出してしまうという精神的な要因が強いと言われています。治療法として、抗うつ剤の薬等での外来での診療が基本です。しかし、最近発見された病気なので全体を把握出来ていないことも多く入院しての管理になる場合もあります。

非定型うつ病”のまとめ

人気トピックライター