心の病気

仮面うつ病

自律神経失調症や更年期障害と間違われやすい、「仮面うつ病」についてのまとめです。定義的にははうつ病と変わりませんが、倦怠感、不眠や頭痛、微熱などの体の不調の症状が現れます。専門医でも他の病気と間違いやすいことから、仮面うつ病と呼ばれるようになりました。治療方法は抗うつ薬の服用が一般的です。高ストレス社会の現代では、誰もが仮面うつ病になる可能性を持っています。原因がわからない体調不良が続くようなら早めに専門医に相談しましょう。また、生活習慣を無理なく楽しくできる範囲に改善していく工夫をしていきましょう。

仮面うつ病”のまとめ

    記事がありません