子供の病気

乳児突然死症候群

「乳児突然死症候群」に関するまとめ一覧です。
乳児突然死症候群とは、乳児が突然死に至ることをいいます。何歳までその危険があるのでしょうか。生後2~3ヶ月が最も多く、6ヶ月以降は減少すると言われています。しかし、1歳を過ぎるまでは注意が必要になります。乳児突然死症候群の原因は、はっきりしていないことが多いですが、喫煙は影響すると言われています。他には、母乳よりも人工ミルクの赤ちゃんの比率が高いとも言われています。出来るかぎり、母乳で育てましょう。また、窒息や誤飲を防ぐためにも「うつぶせ寝」は避けた方が良いとされています。原因が特定されいないこともあり心配だと思いますが、ここには先輩ママからの役立つ情報が満載です。ぜひ、参考にしてみて下さい。

“乳児突然死症候群”の関連トピック

乳児突然死症候群”のまとめ

  • 乳幼児突然死症候群について知ろう

    • 更新日:2014/05/12
    • 乳児突然死症候群
    • 202view