子供の病気

RSウイルス

「RSウイルス」に関するまとめ一覧です。
子どもに多い病気の一つのRSウイルスは、1歳未満の赤ちゃんが罹るとそのほとんどが入院となってしまうほど重症化しやすい病気です。最初は風邪のような咳や鼻水の症状から始まりますが、なかなか良くならず高熱や酷い咳となり、重症化してしまいます。RSウイルスの特効薬はなく、普通の咳止めや風邪薬を投与していくような治療法となります。RSウイルスが肺のほうまでいってしまうと気管支炎や酷い場合は肺炎になってしまいますので、注意が必要な病気です。子どもほどはひどくないですが、大人にもうつりますので注意が必要です。

“RSウイルス”の関連トピック

RSウイルス”のまとめ

1/2

人気トピックライター