全身

エコノミー症候群

「エコノミー症候群」に関するまとめ一覧です。
エコノミー症候群は、湿度の低い飛行機などで長時間同じ姿勢で、水分を摂らないで過ごしていると起こる確率が高まる病気です。主な症状は、最初はしびれ、その後に動悸、胸痛、呼吸困難や死に至ることもあります。エコノミー症候群の予防としては、長距離の移動中などは適度に体を動かすことがポイントです。座席に座ったまま、足を動かすだけでも効果があります。また、適度に水分(アルコールやカフェイン入りはダメ)を摂ることも大切です。治療としては薬で血の塊を溶かしたり、固まりにくくしたり、手術が行われる場合もあります。

エコノミー症候群”のまとめ

人気トピックライター