睡眠の病気

睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群」に関するまとめ一覧です。
睡眠中に呼吸が止まる病気が、睡眠時無呼吸症候群です。無呼吸とは、10秒以上の気流停止があることで、これが一晩に30回以上起きると睡眠時無呼吸症候群と診断とされます。寝ている間の症状は、無呼吸の他にいびきや息苦しさがありますが、更に日中にも様々な影響が現れます。原因は多くの場合、気道が閉塞してしまうことです。よって肥満の方や、首が短く太い人などが多く発症します。睡眠時無呼吸症候群の治療には、軽症の方にはマウスピースが使われます。下あごを上あごより前に出るよう固定し、気道を広くするものです。

“睡眠時無呼吸症候群”の関連トピック

睡眠時無呼吸症候群”のまとめ