髄膜炎と脳炎について。

どんな病気か。最も多い髄膜炎の症状。特徴。医療機関での対処方法。

  • S 更新日:2014/05/09

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 髄膜炎・脳炎って、どんな病気?

  • 髄膜炎は持続する頭痛を主な症状とし、発熱、項部(こうぶ)(うなじ)硬直などの髄膜刺激症状、髄液(ずいえき)細胞増加などが認められます。脳炎は、脳実質の炎症を主体とし、発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺激症状などがみられます。これらは、両者を合わせた髄膜脳炎としてみられることがあります。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    髄膜炎について。以下に続きます。

  • 類縁あるいは同一の疾患群としては、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎(さんざいせいのうせきずいえん)、遅発性(ちはつせい)ウイルス感染症などがあります。一般的に予後が悪く、早期の診断、治療が大切です。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    髄膜炎について。上記の続きです。

  • けいれん

  • 生まれたばかりの子供に多い?

  • 新生児や乳児に多くみられますが、成人でも起こります。脳や脊髄の表面をおおっている髄膜にウイルス、細菌、真菌などが感染し、急性の炎症が起こります。無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎に分けることができます。ウイルス感染では無菌性髄膜炎と呼びます。細菌感染では化膿性髄膜炎が起こります。結核菌による結核性髄膜炎もあります。
    出典 :髄膜炎
     

    マイコプラズマ・真菌なども、髄膜炎と関係アリ。

  •  

    小さい子供でも起こり得る「髄膜炎」

  • 最も多い髄膜炎の症状は?

  • 頭痛、項部硬直であり、発熱や錯乱、変性意識状態、嘔吐、光を嫌がる(羞明)、騒音に耐えられなくなる(音恐怖)などといった症状を伴う。小児例では不機嫌や傾眠などの非特異的症状に限られる。 皮疹がみられる場合、髄膜炎の特定の病因を示唆している場合がある。例えば髄膜炎菌性髄膜炎には特徴的な皮疹がみられる
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    よく見られる症状について。

  • 髄膜炎の特徴は?

  • 新生児時期にはB型連鎖球菌、大腸菌、リステリアなどの感染が多くみられます。乳児期から幼児期にはインフルエンザ菌や肺炎球菌が原因となります。髄膜炎菌による髄膜炎菌性髄膜炎は年齢にかかわらず起こります。
    出典 :髄膜炎
     

    髄膜炎の特徴について。以下に続きます。

  • 青年から成人までは肺炎球菌、髄膜炎菌、インフルエンザ菌が原因となります。高齢者での髄膜炎は肺炎球菌、リステリア、グラム陰性桿菌などが原因となります。
    出典 :髄膜炎
     

    髄膜炎の特徴について。上記の続きです。

  • 髄膜炎・脳炎に気づいた場合は?

  • 発熱、頭痛、項部硬直などの髄膜刺激症状、或いは発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺激症状などが現れた場合、髄膜炎、脳炎が疑われます。診断に髄液検査、頭部CT・MRI・脳波検査、病原検査が必要であり、加えて意識障害、けいれん、呼吸管理などに迅速に対応できる高次医療機関の神経内科、感染症科などの内科、小児科の受診をすすめます
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    髄膜炎・脳炎に気づいた場合について。

  • 医療機関での対処方法は?

  • 脊柱管に針を刺入し、脳および脊髄を包む脳脊髄液(CSF)のサンプルを採取する腰椎穿刺によって髄膜炎が陽性か陰性かを診断する。CSF検査は医療研究機関で実施されている。急性髄膜炎の一次治療は抗生物質を速やかに投与することであり、抗ウイルス薬を用いることもある。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    医療機関での対処方法について。

  • 炎症の悪化から合併症を併発するのを予防するため、副腎皮質ホルモンを投与してもよい。髄膜炎は、とりわけ治療が遅れた場合に難聴、てんかん、水頭症、認知障害等の長期的な後遺症を遺すことがある。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    医療機関での対処方法について。上記の続きです。

  • 髄膜炎のタイプによっては(髄膜炎菌、インフルエンザ菌b型、肺炎レンサ球菌、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)ウイルス感染に起因するもの等)予防接種によって予防できるものがある。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia