水腎症についての知識をまとめてみました。という病気と言う病気についての知識

水腎症という病気についての症状や原因をまとめました。進行してしまうと疼痛が出るなど厄介な病気ですので早く発見して治療を進めるべき病気なのです。

  • rinko 更新日:2014/06/24

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水腎症とは?

  •  

    水腎症のが疑われる場合には早期に治療が行われることが賢明です。

  • 尿細管から腎盂じんう、尿管、膀胱、尿道までのどこかで尿の流れが閉塞された状態を尿路閉塞症にょうろへいそくしょうといいます。そのなかで、とくに腎盂よりも下部の尿路閉塞によって腎盂と腎杯じんぱいの拡張が生じ、その結果血流障害が生じ、この状態が続くことにより腎実質は萎縮していきます
    出典 :水腎症| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    血流障害が起こる前に食い止める治療を目指すのです。

  •  

    CT検査でも容易に発見することができます。

  • 尿の圧力で腎盂腎杯が拡張し、腎実質の萎縮がおこっている状態を水腎症といいます。腎実質が薄くなるので、腎臓の機能は低下していきますが、早めに尿の流れがよくなれば、機能はほとんどもとどおりに回復します。水腎症がさらに進行すると、腎臓全体がふくらんだ袋のよう(嚢状(のうじょう))になります。
    出典 :水腎症 とは - コトバンク
     

    腎機能が落ちてしまうのは非常に危険なことなのです。

  •  

    腎臓機能に普段から不安のある人の場合には特に病気の進行を食い止める必要があります。

  • 水腎症の症状や原因について

  • 症状は原疾患によって異なります。小児の水腎症は、先天的な病気が原因で生じるものが大部分です。尿路が完全閉塞した場合は、腎盂・腎杯内圧が急激に上昇し、被膜が伸展すると、肋骨脊柱角部ろっこつせきちゅうかくぶから側腹部にかけて持続的疼痛が生じます。これに尿路閉塞に伴う尿流の停滞により感染が加われば発熱し、疼痛は激しくなります。
    出典 :水腎症| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    疼痛が起こると辛く激しい場合には生活や仕事にも差し障ります。

  •  

    疼痛が出始める症状もかなり進んでいるということになりますのでとにかく専門医の元で積極的な治療を受けてください。

  • 尿量が減少して腎臓に滞留することで、血液中の老廃物の影響を受けやすくなり腎機能が低下していき、両方の腎臓に水腎症が発症すると腎不全を起こしやすくなります。
    出典 :【水腎症】 | 原因・症状・先天性水腎症など | 腎臓・膀胱net
     

    腎不全を併発しないように注意深く経過観察が続きます。

  • 水腎症の治療について

  • 先天性水腎症は、ほとんどの場合腎盂形成手術を行うことで症状が改善されます。最近は出生前診断で、先天性水腎症を発見できる場合もありますが、生命倫理上の問題で出生前診断を行わない方針の医院もあります。
    出典 :【水腎症】 | 原因・症状・先天性水腎症など | 腎臓・膀胱net
     

    モラルの関係で最近は出生前診断を迷う場合もあるのですがやはり先天的な病気を察知するという利点も否めません。

  •  

    倫理問題が絡みますのでやはり医師や家族との相談のも決めるべきです。

  • 閉塞の原因を解消することを目標とします。たとえば、前立腺肥大症や前立腺癌が原因で尿道に閉塞が起きている場合は、前立腺癌に対するホルモン療法などの薬物療法(前立腺の病気: 前立腺癌を参照)、手術、器具を用いた尿道の拡張などの治療が行われます
    出典 :水腎症: 尿路の閉塞: メルクマニュアル 家庭版
  • 尿路閉塞をいち早く察知するために検査が繰り返されます。いずれにしても水腎症の場合には命に係わる場合も少なくはないので病気が疑われる場合には医師の指示を仰ぎましょう。