頭皮も日焼けする!実はお肌の3倍も紫外線を受けてます!

紫外線は髪やお肌だけじゃなく、なんと頭皮にまでダメージを与えてしまうんです。薄毛や抜毛にならないよう対策しましょう!

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 髪の黒い日本人は要注意!

  • 髪の黒い日本人は紫外線を吸収しやすくダメージを受けやすいのだそうです

  • 紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮に与えるダメージも相当なものです。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 紫外線の量も強さもピークを迎える8月。お肌の紫外線対策には神経を使っていても、髪や頭皮は 無防備になりがちです。肌と同様、髪や頭皮も紫外線を浴びて日焼けすると、さまざまなトラブル が発生します。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • 頭皮が紫外線でダメージを受けるとどんなトラブルが起きるのでしょうか

  • 夏場は毛根部から分泌される皮脂が増えるため、頭皮はオイルを塗ったような状態になり、普段よ りも日焼けしやすくなっています。 頭皮が日焼けすると、乾燥や炎症を起こし、赤みやかゆみが出ることも。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • 肌が弱い人は、皮がむ けるなどのトラブルにもつながります。また、強い紫外線に よって細胞がダメージを受けると、肌と同じように老化がすすみ、髪の成育に影響を与えます。 髪の薄い方は、髪による紫外線防御力が弱く頭皮が紫外線を浴びやすいので、気になる人は十分 な注意が必要です。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • 頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌ですから、その頭皮がダメージを受けると、影響が出るのは髪なので、見えないからといっても、決して油断をしてはいけないのです
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 日焼けによるトラブルはかゆみや赤みだけではありません

     

    紫外線を浴び続けたことで頭皮内部に深刻なダメージも与えてしまいます。

  • 頭皮は目で見て確認することが難しく、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることで、注意できればまだ救いがありますが、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことに、なかなか気付くことができないのが恐ろしいところです。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 光老化、という言葉を聞いたことがありますでしょうか。これは紫外線が肌の奥まで入り込み、徐々に細胞を壊すことで、実年齢とは関係なく老化をしていくという、世にも恐ろしい老化現象なのです。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 実は、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭皮で、頭皮こそがもっとも光老化が起きやすい場所であるいうことはご存知でしょうか。頭皮は太陽に面しているので、当たり前といえば当たり前なのですが、普段髪の毛に覆われているせいか、なかなかその危機感を感じ取ることができません。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生するともいわれています。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、髪の毛が抜けてしまう抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。
    出典 :紫外線が与える頭皮への影響 | スキンケア大学
  • 頭皮への紫外線対策はどうしたらいい?

  • 髪と頭皮の日焼けを防ぐために、外出の際は、日傘や帽子での紫外線対策を忘れずに。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • 最近では、 UVカット効果のあるヘアスプレーなども市販されているので、利用するのもいいかもしれません。 髪をいつも同じところで分けていると、そこだけ常に紫外線を集中して浴びてしまいます。なる べくこまめに分け目を変えて、日焼けを回避しましょう。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • 頭皮の過剰な皮脂は紫外線ダメージを増大させるだけでなく、毛穴に詰まって髪の成長を妨げます 。この季節は、特に入念にシャンプーを行いましょう。
    出典 :髪と頭皮の日焼けを防ぐ : 女性のための育毛講座
  • かゆみや赤みを感じたらすぐに冷やす!

  • 頭皮は普段自分で見ようとする場所ではないので、気づかない間に紫外線ダメージを受けてしまいがちです。出来るだけ帽子や日傘で物理的に紫外線をカットして、分け目も時々変えましょう。曇りであっても紫外線はきているので、油断しないで必ず紫外線対策を!