何を気を付けるべき?「敏感肌のクレンジング」

敏感肌のクレンジングは何を気を付けるべきなのでしょうか?日々のケアから始めよう

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 敏感肌のクレンジングは

  • 私たちの肌や毛髪は、毛穴の中の皮脂腺によって分泌される皮脂によっておおわれています。これを皮脂膜と言いますが、皮脂膜は、「天然のクリーム」と呼ばれ、肌をおおうことで保湿・保護しています。
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
  • 1日に1~2g分泌される皮脂ですが、洗顔のしすぎや刺激の強いクレンジング剤などの使用によって、取り去られてしまうと肌が乾燥して、少しの刺激にも敏感に反応するような肌「敏感肌」になってしまいます。
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
     

    敏感肌にはクレンジング剤など使用する事で悪化する事もあるのです

  • 敏感肌の人は

     

    皮脂分泌が少なく乾燥しがちで、少しの刺激にも反応してしまう可能性があります。その上さらにクレンジング剤を強い力で肌に塗りつける、ティッシュやコットンで必要以上の力を入れて拭き取ったりするなど過度の刺激は厳禁です!

  • 肌トラブルの原因は洗顔

  • 皮脂やメイク汚れが肌に残るのが良くないということで一生懸命、時間をかけてクレンジングし、毛穴のなかの汚れまでしっかり落とそうと丁寧に洗顔している人は多いと思いますが、 そんな肌のためによかれと思ってやっていることが逆に肌にとって負担をかけているんです。
    出典 :乾燥・敏感肌の洗顔&クレンジング【正攻法&裏ワザ】
  • 肌のバリア機能を低下させて乾燥肌や敏感肌になってしまう典型的な洗顔とクレンジングの弊害です。汚れを落とすことはもちろん大切ですが、肌のことを思うなら 肌のうるおい成分を守るということもしっかり考えないといけません。
    出典 :乾燥・敏感肌の洗顔&クレンジング【正攻法&裏ワザ】
  • クレンジング剤はこのタイプが良い

  • ミルク
    メリットなめらかな使い心地で、潤いを残した仕上がり。肌にも優しい。
    デメリット洗浄力が弱めで、ダブル洗顔が必要なものがほとんど。
    出典 :敏感肌向けクレンジングの選び方
     

    洗浄力が強すぎるものはさけたいですね

  • クリーム
    メリット柔らかい肌触りでマッサージにも使える。
    デメリットしわや毛穴に入ったメイクが落としにくい。
    出典 :敏感肌向けクレンジングの選び方
     

    何にもデメリットはついてきますね

  • クレイ
    メリットすっきりした化粧落ちながらも、しっとりと潤いを残した洗い上がり。洗浄力と肌への優しさを両立していてバランスが良い。デメリット天然などの高級な原料を使っているものは、価格がやや高め。
    出典 :敏感肌向けクレンジングの選び方
     

    個人的にはこれがおすすめです

  • 角質を傷つけないようにしよう

  • 敏感肌の人は、使っているスキンケアコスメの成分が刺激になっていることもありますが、洗い方に問題がないかご自分の洗い方を振り返ってみてください。ゴシゴシ洗えば、きれいになると思っている人が結構いますが、ゴシゴシ洗いは肌への負担になりますから、正しい洗顔の仕方を知って肌を清潔に保つようにしましょう。
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
  • 洗顔のポイントは、よく泡立てることです。肌に石鹸をこすりつけることで汚れが落ちるわけではなく、泡の表面張力によって汚れを包み取りますから、キメの細やかな泡を立てるようにします。顔の皮膚に触れないように、泡の上からそっと押すだけ、あるいは泡で弱くマッサージするだけでも皮膚の汚れはキレイに落ちます
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
  •  

    泡で洗った後、タオルで顔を拭くときも、質のよいソフトなタオルで軽く押さえるようにして水分を取ります。