妊娠後期の出血について

妊娠期間に出血することはよくあることですが、妊娠後期の出血にはどのように対処したらいいのでしょうか?
妊娠後期の出血は陣痛がはじまる合図の場合が考えられますが、痛みがあるかないかでも状況が変わってきます
正しい知識を身に付けて適切な行動をとりましょう

view1061

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期の出血の種類と対処法。

  • 妊娠後期は、血液量も増え、粘膜も分娩に備えてやわらかになるため、内診やセックスの刺激で出血することがあります。また、膣の炎症や、子宮膣部びらん、、子宮頸管ポリープからも出血しやすくなります。これらは場合によっては治療をしたり、とりあえずは様子を見ておくもので、きちんと健診を受けていれば、心配はありません。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    妊娠後期の出血の原因は様々ですがどれも珍しい事ではありません

  • また、妊婦は便秘になりやすく、更に妊娠後期には、大きくなった子宮の圧迫によって排便時に負担がかかり、肛門付近の皮膚が切れて出血する裂肛(切れ痔)になることがあります。排便したとき肛門が痛んだり、トイレットペーパーに鮮血がついたりするのが特徴です。悪化すると治療が大変になる場合もあるので、早めに治療しましょう。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 陣痛前の合図として【おしるし】という出血があります

  • また、分娩が近づくと、おしるしという現象が起きることがあり、このときに人によっては、おりものに血が混ざったようなものが出ることがあります。これは、もうすぐ陣痛が始まるというサイン。入院準備がまだだった人は、いつでも入院できるように準備しておきましょう。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • お産が近づいた時の子宮頚管の変化

     

    おしるし”の量には個人差がありますが、“生理のはじまり”くらいの出血は異常ではありませんからご心配なく。
    また、“おしるし”があったからといって、すぐにお産になるわけでもありません。「そろそろお産かな?」と考えて、待機して下さい。

  • おしるしとは医学用語では“産徴”と言います。お産が近づき子宮の出口(子宮頚管)が徐々に開いてくると、卵膜(赤ちゃんを包み羊水を貯めている袋)と子宮壁との間にズレが生じるために、少量の出血が起こります。それまで子宮頚管を塞いでいた粘液とともに腟内へ押し出されてくるため、“ドロッとした血の混じったおりもの”として自覚されるのが特徴です。
    出典 :山本産婦人科(三重県津市) おしるし(産徴)・破水・陣痛について
     

    おしるしは出産が間近にせまってという合図です!確認したらすぐに入院の準備を!

  • 妊娠後期の「出血」の体験談

  • 陣痛、出血(おしるし)、破水のどれが最初にくるのか、分からないということ。出産を3回経験したが、三人とも違っていた。帝王切開をした人から聞いたので驚いた事は、2人目以降も帝王切開で産むということ、傷口の関係で数年間をあけることだった。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    陣痛や破水の順番は決まってはいないようですね

  • 陣痛がすすむと出血があると知らなかったので、まだ家にいる時、これは大丈夫なのかと不安になってました。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 陣痛中にあんなに出血するとは知らなかった。悪露用に買っていたナプキンを出産前にたくさん使ってしまって、慌てて買いに行ってもらった。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    想像以上に出血の量は多いみたいです

  • 胃のあたりがもたれたようになった後、大出血して切迫で入院しました。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    出血の前には胃のもたれるような感じになるのでしょうか

  • 右下腹がズキズキ痛むので病院に電話しましたが、出血などしていなければ大丈夫です、心配なら受診してくださいと言われ、安静にしていたら自然に治りました。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 本陣痛から出産までの所要時間は?

     

    アンケートへの回答を分析すると、やはり12時間以上かかったお産の割合は初産婦さんのほうが圧倒的に多いものの、経産婦さんでも10%以上とまったくの少数派ともいえない割合でした。一概に経産婦さんだからお産がすんなり終わる、というものでもないようです。

  • 臨月の出血は、病院に連絡

  • お産が近くなってからの微量出血の多くは、お産に備える準備が整いましたよ、と体が知らせてくれる、「おしるし」。赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮内膜からはがれ、その血液がおりものと混じったものです。茶褐色やピンクのおりものがあると、数日から一週間くらいの間に陣痛が始まることが多いのです。
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
  • おなかの張り、痛みがない場合は、ほぼ「おしるし」で心配ないものですが、一応、かかりつけの病院に連絡してください。この時期、注意が必要なのは、おなかの張りや痛みを伴う出血です。子宮出口付近に胎盤がある「前置胎盤」と診断されている人、分娩前に胎盤がはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」などの場合は、緊急を要します。
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
     

    妊娠後期にお腹の張りや痛みがともなう出血の場合は要注意です。すぐに受診を!