何をしても痛みがとれない足底腱膜炎…最後の手段は「手術」

足裏の痛みが生じる足底腱膜炎は、足裏の腱膜が硬くなったことにより引き起こされるといわれています。ストレッチ、テーピングなどさまざまな対処法がありますが、それでも痛みが引かず生活に支障がある場合は「手術」をすることも。手術について気になることをまとめました。

view76

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加