【高次脳機能障害の症状】見えないからこそ理解がされ難い。

外見では分かりにくい高次脳機能障害の症状。そのため、周りから勘違いされてしまうことも。

view155

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 【高次脳機能障害の症状】外見では分かりにくい。

  • 高次脳機能障害の症状は複雑で一人ひとり異なり、複雑で、場面や人などの環境により症状の現れ方が変わるといわれています。そのため、さらに周囲を困惑させることがあります。
    出典 :高次脳機能障害とは|埼玉県新座市の新座病院
  • 高次脳機能障害の症状は、外見では分かりにくいもの。

  • では、どんな症状が出るのか。

  • 【高次脳機能障害の症状】理解がされにくい症状

  • 記憶障害

     

    物の置き場所を忘れる。
    新しいことを覚えられなかったり、同じことを繰り返し質問する。

  • 注意障害

     

    ぼんやりしていて、ミスが多くなります。
    ふたつのことを同時に行うと混乱し、作業を長く続けることが難しいです。

  • 遂行機能障害

     

    人に指示してもらわないと何もできない。
    自分で計画を立ててものごとを実行することができない。

  • そのため、約束の時間に間に合わないことも。

  • 社会的行動障害

     

    興奮する、暴力を振るい、思い通りにならないと大声を出す。
    自己中心的になりやすい。

  • 以上の症状により、日常生活または社会生活に支障がでます。

  • 【高次脳機能障害の症状】治るのか。

  • では、高次脳機能障害の症状は治るのか。

  • 結論から言うと、完治は難しいといわれています。

  • 症状が回復する場合があります。しかし、全ての方に明らかな効果があるとは限りません。
    出典 :Q&A
  • 高次脳機能障害による脳の損傷の受傷から良くなっていかれるケースもあります。

     

    ただし、長い年月を経て良くなる場合で、良くなる程度にも限度があるのが、現状です。

  • リハビリによって、症状が良くなる可能性があります。

  • 早期リハビリが回復の鍵になりそうです。

  • 私も脳出血・頭蓋形成術の後は、高次脳機能障害が疑われ、リハビリをしました。
    そのリハビリが成果が合ったのかもしれません。
    出典 :2チワワと坦々と・・・ 高次脳機能障害