【再発ナシ】魚の目の除去を完ぺきにする方法

魚の目の除去ができた♫ と喜んだのもつかの間、また再発してしまうというケースは少なくありません。このため、何年も魚の目に悩まされているなんていう方も…。
ここでは、絶対に再発しない魚の目の除去を完璧にする方法を教えちゃいます!!

view7578

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 最大のポイントは【芯を残さない】こと!

  • 芯が取れていますか?

     

    魚の目の除去ができたと思っていても、芯が残っていれば魚の目は再発してしまいます。魚の目の除去は、この魚の目の芯を全て取ってしまうことが大きなポイント。
    魚の目の芯を、しっかりとえぐり取って、除去するようにしましょう。

  • 魚の目をスピール膏などで軟化させ、削って取っても、出てくるという場合は、まだ芯が取り切れていないという場合があります。
    魚の目を芯はしっかりと除去しないと、再び成長し再発します。
    出典 :魚の目が治らない場合はどうしたらよいのか?
     

    長年悩まされている魚の目であったり、芯が深いところにある魚の目は、市販薬を使ったところでうまく取り切ることができません。魚の目の芯がどの程度のところにあるのか、しっかりと見極めることが大切です。

  • 魚の目の芯って?

  •  

    魚の目の「芯」は角質の柱です。
    例えば、足のサイズと合っていない靴を履いていたり、無理して小さな靴を履き続けたりすると、足を必要以上に圧迫し、角質が硬くなり、魚の目になる可能性が高いです。また、血行不良によって魚の目ができてしまうこともあります。血行が悪いと、歩くたびに足の皮膚に負担がかかりやすく、それが魚の目の原因になることも。
    とにかく、足に負担をかけずに生活することが魚の目を予防する方法です。

  • 魚の目とは、皮膚の一部が慢性的に刺激されることによって、皮膚の表層にある角質が硬く、分厚くなってしまった状態のことです。この角質が皮膚の深層部分へと増殖してしまって、円形状になってしまった形状が魚の目であるようなところから魚の目と呼ばれています。魚の目の中心部にある芯は、いわば角質の柱のようなものです。
    出典 :魚の目の芯とは - 魚の目(うおのめ)の原因・治療方法(芯の取り方)
     

    私も、学生時代バレーボールを真剣にやっていた頃、足の同じ個所に摩擦がかかり、魚の目ができてしまった経験があります。足の裏が痛くて、歩けないくらい大きなものだったので、とっても辛かったですよ。
    魚の目にならないようにするには、足の同じ個所に負担がかからないように工夫して生活することが大切です。

  • 魚の目の構造

     

    痛みの原因は固くなった角質の芯が足の神経を圧迫して起こるものなんです。私も、これ、なりました。本当に痛かった!!

  • 魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと除去しないと完治しません。はさみや爪切りなどを使って、魚の目をえぐって取ろうとしてもは芯は取りきれません。
    出典 :魚の目の治療法!発生原因である芯を除去しないと再発する|メディチェ
     

    魚の目の芯は、なかなかとることができないのですね。
    魚の目ができたら、できれば自己判断をせず、皮膚科医に相談すると良いでしょう。
    中途半端な自己治療は、何の解決にもなりませんよ。

  • 真皮に向かって増殖している角質を根っこから取り除かないと、魚の目は完治しません。
    現在では、簡単に魚の目を除去できる市販薬が売られていますが、これは芯がそれほど深くない方におススメします。

  • サリチル酸配合の市販薬で除去!

  • サリチル酸配合の市販薬!

     

    ニチバン【スピール膏】、バンドエイド【タコ・ウオノメ除去用】、横山製薬【ウオノメコロリ】など
    魚の目の市販薬は種類の豊富にあります。
    しかし、これは、あくまで魚の目が出来たての方や、芯が浅い方には効果がありますが、何年も魚の目で悩んでいるという方は、芯が相当深い部分にある可能性があるので、このような市販薬だけでは、芯が取り切れない場合がほとんどです。

  • このようなサリチル酸配合の絆創膏を上手に使い、効果を上げるコツは、
    ① 2〜3日貼り続けること
    ② 白くなった角質部を消毒したピンセットなどで取り除く
    ③ 芯がなくなるまで繰り返すこと です。

    でも、もっと早く治す方法が・・・・

  • 皮膚科で治療しましょう!

  • 魚の目が悪化した場合は、早めに専門医の適切な指示を受けるようにしましょう。皮膚科に行けば、市販のテーピングよりも治るスピードが速いです。
    出典 :魚の目の治療法!発生原因である芯を除去しないと再発する|メディチェ
     

    そうなんです!!やっぱり魚の目を治療するには、専門医に診てもらう方法が一番早い!!薬で治療したり、レーザーを使って一気に除去したりと治療方法は、病院によって違いますが、早く治したければ、皮膚科を受診するようにしましょう。

  •  

    魚の目の治療は、実は、専門医に任せる方法が一番早いです。私も、病院へ行って、皮膚科の先生に抉り取ってもらいました。その時は、少し痛かったですが、すぐに完治しましたよ。
    自己判断で、ピンセットやハサミなどで芯を取り除こうとすると、ばい菌が入り、化膿してしまうこともあるので、魚の目の治療に、自己治療は禁物です!!