クレンジングで毛穴汚れスッキリ!!

あなたはクレンジングで毛穴ケアをやっていますか?
クレンジングといれば『お化粧を落とす』というイメージが強いかもしれませんが、毛穴にたまっている汚れは何も化粧品だけではありません!クレンジングをしっかり行うことで、毛穴にたまった皮脂汚れも落とし、綺麗な肌を守ることにつながるのです。

view183

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 『クレンジング』とは?

  • クレンジング(和製英語: cleansing)は、化粧を落とす事、またはそれに用いる化粧品(クレンジングオイル、化粧ティッシュなど)。
    出典 :クレンジング - Wikipedia
     

    『クレンジング』とはそもそも『化粧を落とすこと』を意味します。

  • 化粧品には、肌を美しく見せ、かつ落ちにくいことが求められる。多くの化粧品は油性の基剤により顔料などを肌表面に密着させており、これは普通の洗顔料や石鹸では落としにくい。そのため、化粧品の油分を溶かし落とすために、専用のクレンジング剤が用いられる。
    出典 :クレンジング - Wikipedia
  • 油分を多く含む乳液などでも代用可能である。また、マスカラなど特に落としにくい化粧品は通常のクレンジングの前に別途、専用のリムーバーで落とす場合もある。洗顔料の前に使用する。
    出典 :クレンジング - Wikipedia
     

    油分を使用して、油分を使った化粧品を落とすわけですね。

  • 上記では、『クレンジング=化粧品汚れを落とすもの』と定義づけられていますが、実際毛穴汚れの原因は『化粧品の残り』と『毛穴近くの皮脂腺』から分泌される皮脂があわさったものです。これらを綺麗に落としきるには『クレンジング』という行為が何よりも大切になってきます。

  • 【色々な種類がある?!】クレンジング剤のあれこれ

  • ■ミルクタイプ
    ミルクタイプのクレンジングは、毛穴につまった皮脂や化粧品を乳化させて汚れを落とすためお肌への負担が少ないのが特徴。
    出典 :毎日のクレンジングで毛穴ケア!クレンジングで毛穴汚れをしっかりと落とす
  • ■ジェルタイプ
    固めテクスチャーのクレンジングで毛穴汚れをさっぱりオフ。お肌にスーッとなじむのが特徴で、バリエーションも豊富。
    出典 :毎日のクレンジングで毛穴ケア!クレンジングで毛穴汚れをしっかりと落とす
  • ■クリームタイプ
    油分と水分のバランスが良いため乾燥肌のクレンジングにもやさしく、ハリが低下していると感じるお肌にも最適です。
    出典 :毎日のクレンジングで毛穴ケア!クレンジングで毛穴汚れをしっかりと落とす
  • クレンジング剤を選ぶポイント

  • クレンジングにはオイル・クリーム・ミルク・ジェル・拭き取りなど様々な種類がありますが、最も洗浄力が強いのがオイルタイプです。ですが、オイルタイプの場合は、必要な皮脂まで洗い流してしまうことがありますので、乾燥肌の場合は、避けたほうがいいでしょう。
    出典 :毛穴クレンジングのポイント|毛穴の汚れ徹底ケア!~毛穴0肌大百科~
     

    乾燥肌の人にとって『皮脂』は潤いを保護する大切なバリアです。必要な皮脂まで洗い流してしまうと、肌の乾燥がよりひどくなってしまいます。

  • クリームタイプはオイルの次に洗浄力があり、古くから多くの女性に愛用されてきたクレンジング剤です。次いでミルクとジェルがほぼ同等の洗浄力で、最も避けるべきなのは拭き取りタイプです。
    出典 :毛穴クレンジングのポイント|毛穴の汚れ徹底ケア!~毛穴0肌大百科~
  • 拭き取りタイプの場合、強くこすってしまうことが多く、また毛穴の奥までクレンジングが届きにくく、汚れが詰まってしまうことが考えられますので、なるべく避けたほうがいいと言えます。
    出典 :毛穴クレンジングのポイント|毛穴の汚れ徹底ケア!~毛穴0肌大百科~
  •  

    洗浄力の強さで並べると『オイル>クリーム>ミルク=ジェル』となります。勿論洗浄料が強ければ強いほど汚れはよく落ちますが、その分肌への刺激も強くなります。

  • オイルクレンジングでは肌に合わなくてニキビが増えるという方もいますが、相性とかもありますので、違うのを使用してみると良いと思います。またオイルクレンジングの中にも、界面活性剤でも刺激が強いのが入っている場合もありますし、植物性オイルだけというのもあります。
    出典 :オイルクレンジングの良さは? - 毛穴クレンジングランキング.net
     

    オイルクレンジング全てに強力な『界面活性剤』がはいっているわけではありません。製品を購入する際は必ず成分を事前に確認するようにしましょう。

  •  

    左図のように『天然植物オイル』で作成されたクレンジンオイルもあります。自分の肌質をしっかりと理解して、どのクレンジング剤が良いのか見極めることが大切です。