ヒゲ脱毛はどこに行ったらできるの?

ヒゲの悩みを解決したい!と、ヒゲ脱毛を思い立ったのだけど、どこでできるのでしょうか、また、どんな方法で脱毛するのでしょうか。

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヒゲ脱毛をしようと思ったきっかけは…

  • 毎日髭を剃り続けるなんて面倒くさいし肌が荒れるので、思い切って脱毛しちゃいました!
    出典 :髭剃りが面倒なら脱毛しちゃえば?
  • 色白でひげが濃いと、きちんと髭を剃っても青髭が残ってしまうので、無精者に見られてしまうのが悩みでした。
    出典 :髭剃りが面倒なら脱毛しちゃえば?
  • 脱毛にかかる期間はどのくらい?

  • 脱毛方式にもよりますが5回~10回必要と言われています。施術は各自の毛周期(毛が生え変わる周期)にあわせて行うので、通常1ヶ月~2ヶ月間の間隔をあけます。
    出典 :ひげ脱毛ってどれくらい通うの?※回数と期間について
     

    髭も人それぞれですので脱毛期間に個人差があります。一般的には短期ですむ場合は半年、通常ですと1年~1年半ぐらいを目安にしたら良さそうです。

  • ヒゲ脱毛の施設を選ぶポイントは?

  • 「期待する仕上がり」「痛みの度合い」そして「予算」です。
    効果の順番は針>レーザー>フラッシュ
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
     

    フラッシュとは光(光脱毛)のことですね。

  • 脱毛する施設は、医療機関とエステサロンがあります。
    まずは医療機関の脱毛法をみてみましょう。

  • 医療機関(クリニック)では主にレーザー脱毛を行います。

     

    痛み具合は「輪ゴムで弾く感じ」だそうです。
    エステサロンの光脱毛より痛いです。
    ただ痛み和らげる冷却システムがあったり、麻酔を用意してくれる所もあります。
    なので痛みについてはそれほどの心配はなさそうです。

  • メリット
    1)医療機関で施術するので、安心してアフターケアを任せられる
    2)医療用高出力レーザーを使用するので、高い脱毛効果が期待できる
    3)病院での施術なので、エステのようなしつこい勧誘はない
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
     

    アトピーやお肌が弱い人は医療機関での脱毛が良さそうです。
    料金的には、エステサロンより安いことが多いです。

  • デメリット
    1)出力が高い分、痛みや火傷を伴うこともある。
    2)毛周期にバッチリ合わせないといけないので、技術力が問われる
    3)ひげをデザインしながらの脱毛には不向き
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
     

    医療機関の営業時間は、エステと比べ短いです。

  • エステサロンの脱毛法は?

  • エステサロンでは、光脱毛や針脱毛が主になります。

  • 光脱毛法のメリット、デメリット

  •  

    光脱毛は黒い毛に光を当てます。毛が発熱してたんぱく質が変化します。

  • メリット
    1)一度に広範囲を施術でき、コスト的にも安い。
    2)美肌しながら脱毛できる
    3)痛みが少ない
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
  • デメリット
    1)日焼け肌の場合は施術しにくい、あるいは施術できないことがある
    (脱毛機器がメラニン色素の褐色に反応するため、肌が褐色だと難しい)
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
  • 2)他の方式に比べ、脱毛効果が薄い(とはいえ,すぐに毛が生えてくるということではない)
    3)ひげをデザインしながらの脱毛には不向き
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
  • 針脱毛法のメリット、デメリット

  • メリット
    1)一本一本毛根にダメージを与えるので、確実に脱毛できる
    2)ひげの形を好きなようにデザインしながら脱毛できる
    出典 :脱毛方式によるひげ脱毛の違い
     

    また、肌が黒いとレーザー脱毛や光脱毛ができないのですが、針脱毛は可能です。

  • デメリットとしてはやや痛みがある、光脱毛よりやや費用が高いということが挙げられます。
    出典 :ヒゲ脱毛〜失敗しないためのサロン選びと費用
     

    痛さの順番は強いほうから、針脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛です。

  • エステサロンは遅い時間まで営業していることが多いので仕事帰りなどでも通いやすいです。
    ただ、髭脱毛以外の勧誘を受ける可能性があります。