美肌のために日頃の食事バランスの改善を!

綺麗な肌を保つためには睡眠をしっかりとることやスキンケアをするのも大切です。
だけど日々の食事バランスが崩れてしまうとそうった努力はほとんど無意味になってしまうのです!
肌に良い栄養素とはなんなのでしょうか?

view244

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本人が元来美肌民族だったのです

  • 美肌を作り、美肌を保つことは、スキンケアだけでできるものではありません。肌には思っている以上に、体内の環境が影響を与えています。特に毎日の食事は、肌と密接に関係しています。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
  • 本来、日本人はきめ細かい肌を持っていて、欧米人に比べて肌の老化も遅く、肌荒れも少ない美肌民族でした。しかし欧米食が入ってきて、現代になるにつれて、日本人も欧米人と同じように、肌荒れに悩む人が多くなってきたのです。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    日本食は美肌にとても良かったという証明ですね

  • 栄養バランスに気をつける

  • 美肌作りのためには毎日の食生活において、栄養バランスを考えることが大事です

     

    緑黄色野菜、淡色野菜、果物、海藻、豆、きのこ、乳製品など、たくさんの食品を1日30品目とるのがベストといえます。


    ただ毎日30品目を維持するのはなかなか大変なので、2~3日に分けてとるようにしてもいいでしょう。とにかく偏食を避けて、特に美肌に必要なたんぱく質、ビタミン類を意識してとるようにしましょう。

  • 甘いものや脂っこいものを多く食べると、それはそのまま肌のトラブルに直結します。特ににきびができやすい体質の人は、皮脂の分泌が多くなってしまうので、避けたいところです。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    甘いものや脂っこいものの食べすぎはお肌に大敵です!

  • にきび・肌荒れに効果的な食事とは?

  • 肌を美しく保つためにはなんといっても内側から改善する食生活が重要です!タンパク質やビタミンが不足しない食事構成を心掛け、肌に良いビタミンやミネラルをたっぷり摂りましょう。また、油っこい料理、スナック菓子、ナッツ類は肌荒れ、にきびの原因になるので控えましょう。
    出典 :化粧で隠せないニキビ・肌荒れを発見したら即改善しよう! | 女子力アップCafe Googirl
  • また、胃腸の調子が良くない時(便秘)も肌荒れを起こしやすくなるため、食物繊維(サラダ・海藻類)を積極的に摂り、腸内環境を整え解消することが改善の鍵!
    出典 :化粧で隠せないニキビ・肌荒れを発見したら即改善しよう! | 女子力アップCafe Googirl
     

    胃腸の健康も美肌とは切り離せない事です!

  • 美肌にはビタミン類が大切です

  • ビタミンA(ベータカロチン)
    ビタミンAは、体を覆っている皮膚や粘膜を作ってくれる栄養素で、これが不足すると乾燥したり、肌荒れを起こしたりします。また抗酸化作用があるので、肌の老化も防いでくれます。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    ビタミンAは主に緑黄色野菜に多く含まれていて、油といっしょにとるようにすると吸収されやすくなるので、油で軽く炒めるなどして食べるようにするといいでしょう。

  • ビタミンB
    ビタミンBには、B1、B2、B6、B12といった種類のものがありますが、特にB2、B6は、皮脂の過剰分泌を抑えて、にきびを予防してくれます。ビタミンB群は納豆、豆腐、豆乳などの大豆系の食品や、魚、豚肉などに多く含まれています。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    ※ビタミンBの多い食品
    豚肉、玄米、納豆、卵、鯖、マグロ、カツオ、イワシ、サンマなど

  • 美肌といえばビタミンCが有名です。

     

    有名なだけあって、やはり美肌とビタミンCは切り離せない関係にあります。
    抗酸化作用によって、肌の老化を抑えたり、コラーゲンの生成を助けて肌のはりを保ってくれたり、シミの原因となる紫外線対策にも効果があります。

    ※ビタミンCの多い食品
    ブロッコリー、赤ビーマン、ゴーヤ、カリフラワー、かぼちゃ、モロヘイヤ、柿、アセロラ、いちご、オレンジ、グレープフルーツ、じゃがいも、さつまいもなど

  • 肌荒れにお困りの時は美肌づくりに欠かせない、
    「たんぱく質」 「ビタミンA」 「ビタミンC」 「ビタミンE」 「ビタミンB類」などをバランスよく摂るように心がけると効果的です。
    出典 :肌荒れに効く食べ物
  • いくら肌に良いといっても偏った摂り方はおすすめできません。偏りなく食べることが大切です。
    また、肌荒れや肌トラブルの改善には 食生活を見直すことはもちろんですが、しっかりと睡眠をとり、紫外線や乾燥からお肌を守ることも大切です
    出典 :肌荒れに効く食べ物