妊娠と生理痛の意外な関係って?

いったい妊娠と生理痛ってどういう関係?生理痛かと思ったら妊娠していたり、生理痛がひどい人は妊娠しにくいっていううわさがあったり。妊娠と生理痛って、意外な共通点があるんです。

view417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 突然の妊娠にびっくり!なんてことも…?

  • 妊娠初期は生理痛と間違えやすいってほんと?

  • 妊娠と生理痛は間違えやすいので、腰が重かったり、気分がすぐれなかったりして「生理前かな」と思ったら妊娠していた、という人も。元気な赤ちゃんのためには早めに妊娠に気づいて体をケアすることが大切です。

  • 生理前は高温期、妊娠初期症状も高温状態で起きます。

    妊娠超初期症状には頭痛、腹痛、腰痛があります。

    このすべてが生理前の症状とそっくりということで生理前の生理痛と妊娠初期症状は間違いやすいと言われているのです。
    出典 :生理前の腰痛と妊娠超初期症状の見分け方 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    なるほど。基礎体温を付けていても間違えるということか…

  • 生理痛が起こりやすいのは、人によって違ってきますが、
    生理が始まる2・3日前辺りですが、そのような症状を
    感じても、一向に生理が来る気配がない。
    そんな方は、妊娠している可能性があります。
    出典 :妊娠初期 生理痛
  • 見分けるポイントとしては、生理痛に似た下腹部痛がずっと続き、ふだんの生理とは違う出血があるという場合。出血が短い場合や、生理の時期ではないのに出血がある、という場合に注意が必要です。
    出典 :生理痛と妊娠について
  • 生理痛がひどいと妊娠しにくいってほんと?

  • 妊娠のために生理痛の解消が必要ってこと?

  • 妊娠しにくい原因の一つに生理痛があげられています。生理痛のひどい人すべてが妊娠しにくいという訳ではありませんが、割と生理痛がひどい人は妊娠しにくい人が多いと言われています。生理痛がひどいから妊娠しにくいという訳ではなく、生理痛の症状が出ている時は妊娠しにくい原因があると言われています。
    出典 :生理と妊娠の関係。生理痛や生理不順は妊娠しにくくなる事と関係あるの?【妊活応援団】
     

    生理痛のせいで妊娠できないのではなく、生理痛の原因が妊娠を妨げている可能性も…

  • 病気以外の痛みであれば、妊娠に影響はありません
    しかし、その痛みの裏に病気が隠れている事があります生理痛が激しくなる原因として考えられる病気は
    子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内炎症がある場合は生理痛の痛みが強くなります
    出典 :生理痛が酷いけど妊娠に影響ある?
     

    ひどい生理痛は病気のサインかも…

  • 生理痛を改善したくてがんばっていたら、不妊症も治って妊娠しました、という声も沢山聞きます。子宮機能が正常になる事につながっているのかもしれません。
    出典 :生理痛と不妊症 | 生理痛改善ガイド
  • 出産したら生理痛が軽くなるという噂

  • 出産前は毎月生理痛がひどかったのに、出産後は軽くなった!という人は実際にいます。ホルモンバランスの変わる妊娠を経験することで、体質が変わる人は意外と多いようです。

  • この要因には、いろんな説が有るが、「赤ん坊を出産したことで、子宮の入り口が広くなった」という説が一番有力である。
    出典 :出産後の生理痛
  • 産後の生理痛が産前よりも軽くなったと感じる要因はいろいろな説がありますが、赤ちゃんを出産したことで子宮の入り口が広くなったからという説が現在もっとも有力です。生理痛がひどい人は子宮の入り口が狭い場合が多く経血が出にくいために生理痛がひどい状況につながるようです。分娩時には子宮に大きな頭の赤ちゃんが通るので、産前と産後の子宮の入り口は大きさが変わって当然です。
    出典 :産前と産後の生理痛 | 生理痛研究所