一体何が・・・【分離不安障害の原因】とはどんなものか!

分離不安障害の原因について集めてみました。自立する過程で出るもの?

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのような病気なのか

  • 人は生まれた時から自立した存在ではありません。一般に、母親(またはそれに代わる人)に依存した存在から始まり、乳幼児期から学童期、思春期の成長・発達という段階をへて、やがて母親などの依存対象から分離・自立して大人になります。
    出典 :分離不安障害の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • とくに、乳児期から学童期にかけて、母親などの依存対象者との物理的・心理的分離に伴う不安が現れやすくなります。これを分離不安といい、どのようにこれを克服していくかが、この時期の心の発達課題とさえいわれています。
    出典 :分離不安障害の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    身体的・精神的な症状を示す事になるのです。

  • •不安障害には多くのタイプがありますが、恐怖や心配が向けられる主な対象によって区別されます。•不安障害の小児はたいてい、よく体の症状を理由にして学校へ行くことを拒みます•通常医師は症状に基づいて診断を行いますが、時には検査を行って、体の症状を起こす可能性のある病気がほかにないことを確認します。
    出典 :小児の不安障害: 小児における精神の病気: メルクマニュアル 家庭版
  • 特徴としては

  • 家を離れる事への不安感が強い常に親と一緒にいたがり、ひとりになる事を恐れるひとりで眠れない学校へ行けないなど、家の外での活動に参加できない頭痛、腹痛など体の症状も現われやすい親が事故や病気になっていなくなってしまうのではと恐れる悪夢を見る
    出典 :1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
     

    羅列ですがこのような特徴があるのです。

  • 分離不安障害の原因は

  • 分離不安障害は

     

    幼児期の子供が親や家から離れる時に覚える不安です。誰でも経験する事です。しかし、これが強すぎるから問題になるのです。誰とも遊べないなど問題が深刻化している場合は診断を受ける事になるのです。

  • •親への依存が強い
    •家族のまとまりが異常に強い
    •親が過保護である
    •病気で入院
    •親類の死
    出典 :分離不安障害�|症状[病理学]
     

    慣れ親しんだ場所からの引っ越しも引き金になる事があります。

  • 内気で新しい環境に踏み出す事に困難を覚えやすく、親への依存が強い家族のまとまりが非常に強い親が過保護である病気で入院、親類の死、慣れ親しんだ場所からの引越しなどの辛い経験がある
    出典 :2/2 1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
     

    このような傾向が強いのが原因になるのです。

  • このようなものは間違い

  • 世間一般的には、•親が子供を甘やかし過ぎるから親離れが出来ないと認識されると思いますが、全くの的外れです。•子供の甘えが足りないのに、甘えさせてくれない親(甘えさせられない親)から離れられないというチグハグな心理状態なのです。このようなことには、本人でさえ、その時には気づくことができません
    出典 :分離不安/分離不安障害について | 子育てと解釈
  • このあたりのことが、•自分の気持ちを分かってくれる人に、自分の気持ちを分かってもらおうとする•自分の気持ちを分かってくれない人に、自分の気持ちを分かってもらおうとするというの傾向性の要因の一つになっているのではないかと考えています。
    出典 :分離不安/分離不安障害について | 子育てと解釈
  • 治療としては

  • 不安が軽度の場合には、行動療法だけで十分です。心理療法士は、不安を引き起こす状況に小児をおき、その状況に小児がとどまっていられるように助けます。このようにしていくと、小児は不安に対する敏感性を和らげるので、前よりも不安を感じなくなります。妥当であれば、同時に親の不安を治療すると有益なことが多くなります。
    出典 :小児の不安障害: 小児における精神の病気: メルクマニュアル 家庭版
  • 不安が

     

    重度である場合には薬が用いられる事になるのです。抗鬱剤が第一選択薬となる事になるのです。