トキソプラズマ抗体の検査は何がわかるか☆

妊娠中の検査は色々ありますが、トキソプラズマ検査は
しっていますか☆

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • トキソプラズマ抗体とは

  • 主に猫の糞尿を通じて感染する人畜共通感染症=ズーノシスの1つがトキソプラズマ感染症です。妊娠中にトキソプラズマに感染すると、胎児に先天的な障害を及ぼすことがあります。そのため、妊娠初期の妊婦健康診査の検査で「トキソプラズマ抗体」が陰性か陽性か判定する検査を行います
    出典 :トキソプラズマ抗体 [チビタスキーワード] All About
  • また生肉を調理したまな板や包丁から2次汚染した野菜が原因になることが多くなっています。陽性と診断された場合でも、胎児への感染が問題になるのは、母親が妊娠中に初めて感染した場合のみ。猫を飼っているからといっていたずらに心配する必要はありません。
    出典 :トキソプラズマ抗体 [チビタスキーワード] All About
     

    少し不安になりました・・・

  • トキソプラズマ症

  • トキソプラズマ症は、トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)というアピコンプレクサに属する一属一種の寄生性原生生物(原虫)により起こされる感染症である。トキソプラズマはほぼ全ての温血脊椎動物(哺乳類・鳥類)に感染能を持つ。
    出典 :トキソプラズマ症とは
  • トキソプラズマは

     

    画像のものがトキソプラズマと言われるものです
    見た目はなんだかちょっと気持ち悪いですよね
    人の中でも繁殖するので、何かを介して
    体内に入ってしまうと病気を発生させてしまう
    危険性があるのです
    画像は見難い場合クリックすると拡大出来ます

  • 気をつけたいのは先天性

  • 一般に、妊婦が初めてトキソプラズマ(原虫の一種)に感染すると、血液中に流入したトキソプラズマが胎盤を介して児に感染し、児に水頭症(すいとうしょう)や脈絡網膜炎(みゃくらくもうまくえん)を起こすことがあります。これを先天性トキソプラズマ症といいます。
    出典 :トキソプラズマ症<女性の病気と妊娠・出産> - goo ヘルスケア
  • 感染経路は口が主で、目や呼吸器もあるといわれています。経口感染の感染源は、食用肉・内臓(不十分な加熱処理のブタ・ヒツジ・ウシ・トリ、レバーなど)に含まれるトキソプラズマのシスト(嚢子)、あるいはネコの糞に多量に含まれるオーシスト(胞嚢体あるいは卵嚢子)があります。
    出典 :トキソプラズマ症<女性の病気と妊娠・出産> - goo ヘルスケア
  • Q&A

  • 妊娠中に初感染した場合、赤ちゃんへの感染率は高いのですか?妊娠中にトキソプラズマに初感染したとしても、必ず胎児に感染するとは限りません。また胎児に感染しても、先天性トキソプラズマ症を発症するとは限りません。
    出典 :妊娠中の検査「トキソプラズマ検査」の巻|プレママタウン
  • 先天性トキソプラズマ症の赤ちゃんは、どのぐらいいるんですか?最近のデータでは、日本の場合、約0.05%です。100万人の赤ちゃんが誕生したとすると500人の赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症です。そのうち、症状を伴う赤ちゃんは約10%、50人です。
    出典 :妊娠中の検査「トキソプラズマ検査」の巻|プレママタウン
  • 妊娠中期・後期になると、妊娠15~30週で約20%、妊娠31週以降で約60~70%とだんだん感染率は高くなりますが、不顕性感染(症状が出ない)や軽症ですむことが多くなります。
    出典 :妊娠中の検査「トキソプラズマ検査」の巻|プレママタウン
  • 検査の流れは

  • 画像はクリックして拡大☆

     

    主な感染ルートは
    食事やペットの世話
    土いじりなどです!
    猫の場合は野良猫や外を歩きまわっている
    猫を飼っている場合には注意が必要です!
    気をつけてくださいね