不安で社会に対応できない?全般性不安障害とは

不安で社会に対応する事が出来ない全般性不安障害というものがあるそうです

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 全般性不安障害とは

  • 誰もが感じる正常な不安ははっきりした理由があってその間だけ続く。しかし、全般性不安障害の場合、特殊な状況に限定されない、理由の定まらない不安が長期間続き、ついには日常生活にも支障をきたすようになる。
    出典 :全般性不安障害 - Wikipedia
     

    日常生活にまで支障がでるのは厄介ですよね

  • 罹患率は

  • 全般性不安障害の患者数はパニック障害の患者数より3~4倍多いとされ、1000人に64人くらいが経験すると報告されており、まれな病気ではないと言える。不安障害のなかでは一般的で発症は10代半ばが多いが、精神科にはかなりの時を経て受診するケースが多い。
    出典 :全般性不安障害 - Wikipedia
     

    稀な病気だとおもいましたが、以外と多いようですね

  • 例えば

     

    天災や不慮の事故
    病気などを必要以上に
    また、極端に不安を感じて
    しまう事があると言えるのです
    これは大変ですよね

  • 原因は分かっているのか

  • 全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、まったくないこともあり、また、過労、睡眠不足、かぜひきなど、一般的な身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    日常のストレスを背景にいつのまにか発症しているのが普通だそうです

  • ストレスでイライラする

  • イライラしやすく、リラックスできません。このような状態が長期間続くと疲れやすく、物事に集申できなくなります。こころだけでなく、身体的にも筋肉が緊張して肩や首がこったり、筋緊張性頭痛、筋肉のけいれんを生じます。
    出典 :全般性不安障害とは
     

    場合によっては睡眠障害を引き起こしてしまう事も

  • 症状は何がある?

  • •頭痛、頭重、頭の圧迫感や緊張感、しびれ感•そわそわ感•もうろうとする感じ•めまい感、頭がゆれる感じ、船酔している感じ•自分の身体ではないような感じ•身体の悪寒や熱感、手足の冷えや熱感•全身に脈拍を感じる•便秘や頻尿 など
    出典 :全般性不安障害(GAD) | e治験.com
     

    このような身体症状が出ます

  • •注意散漫な感じ•記憶力が悪くなる感じ•根気がなく疲れやすい•イライラして怒りっぽい•ささいなことが気になり、とりこし苦労が多い•悲観的になり、人に会うのが煩わしい•寝つきが悪く、途中で目が覚めやすい など
    出典 :全般性不安障害(GAD) | e治験.com
     

    精神症状はこれらがあげられますね

  • このように

     

    色々な不安が回りを取り巻く事で
    様々な症状を体に呼び込んでしまうのです
    心配や不安をコントロールする事も
    ままならなくなってしまうのですよ

  • 治療方法は

  • 薬物としては、抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体:セルシンなど、タンドスピロン:セディールなど)が用いられ、症状と関連のある日常生活上の悩みやストレスについて、医師に相談しアドバイスを受けるなどの精神療法が行われます。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    他にも精神療法が使われる事もあります