乳がんの恐れあり!「乳首のただれ」を甘く見ないで!

乳首のただれはもしかしたら乳がんの場合があるかもしれません!しっかり知識を付けておこう!

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳首のただれが気になる!?

  • 乳頭のかゆみやただれは、乳腺外来で多い訴えです。かゆみの理由は、さまざまで診察してみないとなんともいえませんが、乳頭部にできる難治性の湿疹でパージェット病という乳がんの種類がありますが、このパージェット病という乳がんは高年齢女性にできることが多いと言われています。
    出典 :かゆみやただれが気になる-気になる症状-乳がんとは-女性特有の病気について-東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
     

    相談としては以外と多いようです。

  • まずは、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患をお持ちの方は、その影響が大きいと考えられます。いずれにせよ皮膚炎の可能性があるので皮膚科の先生に相談されることをお勧めします。また、ただれとは別に乳頭から分泌がある場合には、必ず乳腺専門の医療機関で検査されることをお勧めします。
    出典 :かゆみやただれが気になる-気になる症状-乳がんとは-女性特有の病気について-東京の婦人科検診・人間ドックなら【イーク丸の内・表参道】
     

    どちらにしても乳がん検診は年に一回は必ず受けておいたほうが良いでしょう

  • 基本的には

  • 。一番多いのは乳頭皮膚の湿疹またはアトピー性皮膚炎です。あとは接触性皮膚炎です。最近、新しい石鹸や洗剤、柔軟剤などに変えたとか、あるいはブラジャーを違う素材にした事などによる刺激にて乳頭にかゆみ、ただれができることも多いです
    出典 :http://www6.ocn.ne.jp/~oppai/tadareh.html
     

    このような事も視野に入れておいて

  • この場合は原因となる石鹸や洗剤などを中止する事により改善します。またブラジャーの素材としては綿が一番、乳頭への刺激が少なく良いようです。 症状がひどい場合は、皮膚科を受診するのが良いと思います。
    出典 :http://www6.ocn.ne.jp/~oppai/tadareh.html
  • 乳房の病気は

     

    まだまだ他にもあります。乳がんだけではなく、乳腺症や乳頭炎など聞いたことのある病気の名前がずらっと並んでいる事になりますよ。

  • 一例として

  • 乳腺症 乳房内の上皮や間質が異常に増殖し、片方あるいは両方の乳房に痛みを伴うしこりができる病気です。30代以上の成熟期の女性に多く、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が低下する閉経後には発症が見られなくなることから、エストロゲンの過剰分泌が原因であると考えられていますが、はっきりした原因は不明です。
    出典 :乳房の病気とその症状|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • 乳輪炎・乳頭炎 乳輪や乳頭にただれや湿疹があり、かゆみを伴うこともあります。乳輪や乳頭部分には多くの皮脂腺があり、ここから分泌される皮脂によって保護されているのですが、皮脂の分泌の減少などにより炎症が起こることがあり
    出典 :乳房の病気とその症状|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • アトピーが大きく関連している

  • 「胸にもアトピーができていませんか?」「言いにくいのですが、乳首にもアトピーがあってなかなか治らず困っています。場所が場所だけに薬を使いたくありません。下着にこすれると痒くて痒くて、ジュクジュクして黄色い液が出てくるし何とかなりませんか?」
    出典 :乳首のただれとアトピー - アトピーと心の病と諸病 東洋医学・川路治療室
  • 「オリモノが多く痒みはないですか?」「ええ、婦人科で診てもらっていますが、アトピーと関係があるのですか?」この方の場合は、飲食の不摂生による湿とストレスによる熱が重なって湿熱を作っている。 湿熱は肝経に入りやすく、乳首と陰部は肝経のライン上にあるため湿熱が溜まりやすい。目も肝と関係するので、同様に湿熱の影響を受ける。
    出典 :乳首のただれとアトピー - アトピーと心の病と諸病 東洋医学・川路治療室
     

    このような場合もあるようです。

  • ▼40歳以上の女性▼独身女性(30歳以上)▼初産年齢の高い人(30歳以上)▼出産回数が少なく、授乳をしない人▼高脂肪、高たんぱく質の肉をよく摂取する人▼肥満又は肥満ぎみの女性▼初潮が早く、閉経が遅い人▼乳がんの家族歴がある人(母・姉妹)▼一側の乳がんや良性乳腺疾患の既往がある人
    出典 :乳房の病気とその症状|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • 乳がんになり易い年齢は

     

    このようなグラフになっているようです。たかが乳首のただれと思わずにちょっと疑ってみるのも必要かもしれませんね。前述の引用の部分で一つでも当てはまっており、年に一回の受診をしていなければ足を運んでみるのも良いかもしれませんね。