蝸牛型メニエール病ってどんなもの?

蝸牛型メニエール病はどんなものなのでしょうか?
メニエール病となにが違うのでしょう・・・

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蝸牛型メニエール病は

  • 「蝸牛型メニエール病」とは、メニエール病の代名詞といわれるものであり、代表的なものです。低音の難聴や耳鳴り、耳閉塞感など、主に聴覚の障害によって生じるものです。耳の不具合によって生じるということから、めまいが併発することはなく、あっても極めて少ないケースです。
    出典 :蝸牛型メニエール病 - ふらつき原因ガイド
     

    少ない症例なのですね
    聞いたことがなかったので気になりました

  • 主症状は何が出る?

  • 主な症状として、耳になにか詰まった感じがする閉塞感や低音域の難聴、低い音の耳鳴りがするなどです。メニエール病の初期症状として知られ、めまいがないからとそのまま治療せずにいると、やがてめまいや吐き気をもよおすようになります。
    出典 :蝸牛型メニエール病とは|心の病を治す
  • 蝸牛メニエール病は

     

    そのまま進行すると約8割の人は
    そのままメニエール病に移行する
    場合が多いそうなのです
    なかなか珍しい病気ですよね

  • 原因と治療はどうしたら良い?

  • 複雑な仕組みをもつ内耳の中にある「蝸牛」という感覚器官の水はけが悪くなってしまい、内リンパ液が溜まって水腫ができます。すると、音の信号が歪み、低音の音波はこもってしまい、逆に高音域は突き抜けて不快な音に感じます。
    出典 :蝸牛型メニエール病の治療ガイド
     

    不快な音に聞こえるのはすぐにでも治療したい所ですよね

  • 治療は一般的なメニエール病と同様、まずは外界の刺激をシャットアウトして安静にし、耳鼻科から処方された内服薬を服用します。オーソドックスな治療薬「イソバイド」の他、内耳の血液循環改善薬が用いられます。また、ストレスが大きな原因とみなされた場合、精神安定剤が処方されることもあります。
    出典 :蝸牛型メニエール病の治療ガイド
     

    ストレスが大きな原因とみなされる場合もあるようですね

  • 早期の治療が必要になってくる

  • 蝸牛型は、メニエール病特有ともいえる激しい回転性のめまいを起こすことはほとんどありません。メニエール病の中では比較的軽症のタイプですが、だからと言ってそのまま放置していると、確実に症状は悪化していき、耳鳴りや難聴が進んで高度難聴に移行する場合もあります。
    出典 :蝸牛型メニエール病の治療ガイド
     

    確実に症状は悪化していくのですね・・・これは早い方がよさそうです

  • 吐き気やめまいを伴う一般型のメニエール病まで移行してしまうと、完治は難しく、長い時間をかけて治していくしかありません。まだめまい症状を起こしていないうちに、できるだけ早く医師の診察を受け、適切な処置を施すことが大切です。軽いうちほど早く良くなります。
    出典 :蝸牛型メニエール病の治療ガイド
     

    適切な処置を施すのが大切なのですね

  • 「メマイの伴わない耳鳴り症状を抱える人はこの枠組みで」という線引きがおこなわれました。そしてそれを、メニエール病の前身であるということにされました。そのまま放っておけば、本当のメニエール病になるよ、ということですね。
    出典 :耳鳴り 蝸牛型メニエール病の真実
     

    何処でもやはりこのような状態になるのですね

  • 自己判断は怖い

  • ちょっとした事だから

     

    大丈夫じゃないのです
    めまいが起きないからといって
    メニエール病の可能性は
    低いと判断しない方がよいのです

  • 医師の方もメニエール病にかかっていないと判断してしまうケースがあり、蝸牛病型メニエール病はメニエール病の中でもきわめて厄介です。 そのため、この場合は私たちもメニエール病についての基礎知識をつけておくことが必要なのです。
    出典 :蝸牛型メニエール病 - ふらつき原因ガイド