人工授精の着床率を上げるには!?自分でできる方法で赤ちゃんを迎えよう☆

人工授精の方法や人工授精の着床率を上げる方法をまとめています。なかなか妊娠できない…という方、人工授精を検討している方の参考になると幸いです☆

view1875

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは”人工授精”についておさらいしましょう

  • 人工授精(じんこうじゅせい)とは、生殖医療技術の一つで、人為的に精液を生殖器に注入することによって妊娠を実現することを目的とした技術のことである。
    出典 :人工授精 - Wikipedia
  • 夫の精子を、細いチューブで妻の子宮に入れる方法で、子宮頸管に異常がある場合などに行います。
    精子の動きが悪い、数が少ないなど、精子に異常がある場合は、状態の良いものだけを選別して使用します。
    出典 :【不妊症の治療】 花王 ロリエ
  •  

    ”人工授精”は一般的な不妊症治療で妊娠できない場合や子宮頸管に異常がある場合などに行われる方法です。

  • どんな場合に”人工授精”が行われるの?

  • 精子の運動性や数に問題があり、自然妊娠に困難がある場合
    性交障害(インポテンツ)やセックスレスがある場合
    女性生殖器の狭窄や子宮頸管のトラブルなどによって精子の通過性に問題がある場合
    抗精子抗体が陽性である場合
    不妊の原因が不明な場合

    いずれの場合も、卵管通過障害(卵管狭窄・閉塞)がないことが前提です。
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  •  

    様々な理由から”人工授精”が行われているのですね。

  • ”人工授精”を行うメリットは?

  • 1. 比較的容易に出来る治療法であり、ある程度の妊娠率を確保できるので繰り返し治療しやすい
    2. スピーディーに行え、ほとんど痛みのない治療である
    3. 身体への負担が少ない
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  • ”人工授精”のデメリットは?

  • 1. 自由診療なので保険は使えない
    2. 排卵誘発剤を使う場合、多胎やOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすい
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  •  

    女性への負担が少なく、繰り返し治療を行う事で妊娠できる可能性が高まります。
    その反面、費用の問題や多胎や卵巣過剰刺激症候群のリスクが発生します。
    夫婦間でよく話し合い、同じ気持ちで人工授精に望むことが必要です。

  • ”人工授精”はどうやって行われるの?

  • ①排卵の時期を調べます

     

    超音波検査、LH検査薬などによって排卵の時期を予測します。

  • ②精液の採取

     

    自宅、あるいはクリニックで精液を採取します。

  • ③精液の調整

     

    採取した精液をそのまま使用するわけではなく、活発で良好なものだけを選びます。
    精液を調整することで細菌や赤血球、白血球を取り除くことも可能です。

  • ④人工授精

     

    採取、調整された精液をチューブを用いて子宮内に注入していきます。
    注入にかかる時間はわずか1,2分で痛みや苦痛はありません。
    注入後は30分程安静にして、通常通りの生活が送れます。

  • ”人工授精”の着床時期は?

  • この着床する時期は基本的には授精後、7日前後で起こるといわれています。
    出典 :人工授精の着床/着床時期とは?
  • ”人工授精”の着床率を上げるには?

  • 20代で妊娠率が妊娠率は15%~20%
    当然、年齢が上がれば妊娠率も下がります
    この妊娠率を上げるには、「着床率」を上げるしか方法がありません
    出典 :人工授精の妊娠率はどれくらい?
  • 子宮環境を良くする
    着床をしやすくするホルモンを分泌させる
    出典 :人工授精の妊娠率はどれくらい?
     

    この2つがとっても重要です。

  • 着床しやすいカラダづくりには、ココロもカラダもリラックスし・血行促進・体温アップの土台作りが大切です。
    出典 :妊娠を知らせる、着床のサインとは?! - 人工授精 -『妊サポ』は不妊症、不妊治療に役立つ情報を集めています
  • 《マカ》

     

    マカには不妊に有効な栄養が多く含まれています。
    子宮内膜を妊娠に適した厚さにしたり、柔らかくしてくれるため着床率が上がります。

  • 《アグリコン型イソフラボン》

     

    着床に必要な”サイトカイン”、”LIF(白血病阻害因子)”を多く分泌させる働きがあります。
    そのため着床率を上げる事ができます。

  • まとめ

  •  

    人工授精までは多くの夫婦が上手くいきますが、無事に着床し妊娠できる確率は低くなっています。
    自分でできる方法を取り入れて、妊娠しやすいカラダを目指し着床率をアップしたいですね☆