学習障害の定義。障害児のタイプ。

学習障害の定義。文部省による定義。学習障害の可能性に気づいた場合。

  • S 更新日:2014/05/18

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 学習障害。

  • 学習障害(LD)の定義。

  • 学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を示すものである。
    出典 :全国LD親の会(JPALD) LD(学習障害)とは?
     

    学習障害(LD)の定義について。以下に続きます。

  • 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接的な原因となるものではない。
    出典 :全国LD親の会(JPALD) LD(学習障害)とは?
     

    学習障害(LD)の定義について。上記の続きです。

  • 中枢神経系の図。

  • 聴覚障害。

  • 文部省による、学習障害の定義。

  • ◆ 学習障害とは、基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、様々な障害をさすものである。
    出典 :LD(学習障害児)定義
     

    文部省による定義について。以下に続きます。

  • ◆ 学習障害は、その背景として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、その障害に起因する学習上の特異な困難は、主として学齢期に顕在化するが、学齢期を過ぎるまで明らかにならないこともある。
    出典 :LD(学習障害児)定義
     

    文部省による定義について。以下に続きます。

  • ◆学習障害は、視覚障害、聴覚障害、精神薄弱、情緒障害などの状態や、家庭、学校、地域社会などの環境的な要因が直接の原因となるものではないが、そうした状態や要因と共に生じる可能性はある。また、行動の自己調整、対人関係などにおける問題が学習障害に伴う形で現れることもある。
    出典 :LD(学習障害児)定義
     

    文部省による定義について。上記の続きです。

  • 学習障害に陥る子供達のタイプ

  • ・読み書きが苦手な子
    ・能力はあるのに、勉強やテストができない子
    ・落ち着きのない子
    ・不器用な子
    出典 :LD(学習障害児)定義
  • ・話を聞かない、注意力の低い子
    ・しつけの悪い子
    ・怠けているために、勉強ができない子
    出典 :LD(学習障害児)定義
  • もしも学習障害の可能性に気づいたら?

  • 発達障害が疑われたら、専門家による診断を受けることが望まれます。ただし治療は専門家にまかせるのではなく、あくまでも子どもが現在暮らしている場での生活を保証しながら、個別的に配慮することが必要です。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    学習障害の可能性に気づいた場合について。以下に続きます。

  • 具体的には、言語発達のレベルに合わせた言葉かけをしながら、集団遊戯はその子に合わせた簡単な課題から取り組めるように工夫して、温かく励ましながら少しでも成功した喜びを体験させるなど、子どもの意欲を高めて自発性が育っていくように心がけます。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    学習障害の可能性に気づいた場合について。以下に続きます。

  • 時に、専門家から学習面だけでなく情緒面のチェックを受けながら、園や学校の担任との連携をとって子どもにはたらきかけてゆくことが大切です。多動や情緒障害が著しく、はたらきかけが困難な時には、児童精神科医による薬物療法が必要になることもあります。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    学習障害の可能性に気づいた場合について。上記の続きです。