やる気&モチベーションを持続させる方法

何かにやる気になっても、なかなかその気持ちを維持し続けるのが難しいですよね。ここでは、やる気やモチベーションを上手に保ち続ける方法を紹介します。

view280

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • やる気が高まっている状態というのは、脳の中で快感を司る脳内神経伝達物質のドーパミンと精神活動や意識を活性化させるノルアドレナリンの分泌が高くなり、行動を抑制するセロトニンが低くなっているそうです。そして、ライバルが出現したり、闘争意欲をかきたてられたりして負けん気を発揮すると、テストステロンという男性ホルモンの一種となる脳内ホルモンが分泌され、これが、ドーパミンやノルアドレナリンを増加させるため、やる気をさらにアップさせるそうです。
    出典 :やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    まずは、やる気の構造を理解しましょう。

  • やる気は、スピードを出せば出すほど出てきます。

    やる気を出す方法が「スピード」であるに対して、やる気を持続させるための燃料はなんでしょうか。

     
    「達成感」です。
    出典 :やる気を持続させる燃料は「達成感」。 | やる気を出す30の方法 | HappyLifeStyle
     

    達成感を味わって、持続させましょう。

  • やる気 が失せてしまう原因の1つに、立てた目標が高すぎるということがあります。どんな夢も目標も、あきらめないでガンバリ続ければ必ずかなうと信じて、努力できる間は高いモチベーションを維持できます。
    出典 :やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    まずは、目標の見直しから。

  • それは脳は「飽きっぽい」という特性を持っているからで、医学的には<馴化(じゅんか)>と言われており、いわゆるマンネリ化のことです。
    出典 :やる気を持続させる方法 | 大学生ポータル
     

    脳を飽きさせないために常に新しい刺激を入れましょう。

  • 「勝ち癖」をつけるためには、勝ち続けることが定石です。目標の立て方によって、それが可能になるのです。
    出典 :2/3 やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    勝ち癖をつけよう。

  • 人によって若干は異なると思いますが、
    人間が本当に集中できる時間は、50分程度と言われています。



    ですので、長時間ぶっ続けで仕事をするのではなく、
    タイマーなどをセットして、
    合間に10分ほど休憩をとるようにすると、能率があがります。
    出典 :やる気・集中力を持続する方法 | 時間管理 タイムマネジメントでお金を生み出す戦略
     

    作業は小刻み時間で集中できます。

  • ある心理学の実験結果によると、人間が一番モチベーションを高くして取り組めるのは、自分にできるかできないか五分五分と思える場合、つまり成功確率が2分の1であるときになるということです。簡単に実現できない成功確率が低いものに対してモチベーションを持ち続けることは、脳科学的に不可能なことになり、また、簡単に実現できそうなことにも高いモチベーションが働かないということです。そして、やる気 を維持するには、「常に確率が2分の1のことにチャレンジするか、確率が2分の1になるまで、無心でガンバルかのどちらか」と結論づけられています。
    出典 :2/3 やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    確率2分の1を目指そう。

  • 簡単に言うと、口癖を良くするということです。
    人間の脳は、「言語」によって「思考」しているので、
    使う言葉によって、あなた自身が大きな影響を受けます。

    さらに恐ろしい脳の特徴として、「主語認識をしない」というものがあります。



    つまり、「あいつは最低だ」と言った時、
    脳は、「私は最低だ」と処理しているということです。
    逆に誰かを褒めてると、自分自身を褒めていることになるということです。



    普段、人の悪口や、「だるい」「最悪」等の、
    ネガティブな言葉を使っている人は注意した方がいいでしょう。



    人を褒めたり、ポジティブな言葉を使うことで、
    メンタルを良い状態でキープすることができます。

  • 脳をやる気 の状態に保つために、小さな成功体験を積み重ねていくことが必要になります。さらに、周りから「よくやった」と声をかけられたり、評価が上がったりすると、達成感や喜びが大きくなって、次のチャレンジへの意欲が高まっていきます。褒めてくれる人がいなかったら、自分で自分を褒めてあげましょう!
    出典 :2/3 やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    ほめられ体験も重要です。

  • 楽しむ余裕を持ちましょう

     

    成功確率が五分五分、2分の1の確率ということは、2分の1の確率で達成できないこともあるということになります。ガンバっても達成できないときは、目標を見直すこと。そして、目標を変更したり、中止したりすることも必要。八方塞がりになっても、そこでショックを受けて立ち止まらずに、別の方向へ目を向けて切り替えること。確率を楽しむぐらいのタフさが、モチベーションの低下を防ぐことに。

  • 人生そのものから仕事、勉強、スポーツ、対人関係まで、成功のカギを握っているのは、自分の心の持ち方、やる気の出し方だ、といっても過言ではない。
    出典 :やる気を持続する秘訣/健康創造塾
     

    何事も自分次第。

  • 自分の集中できる時間を知る

     

    仕事や勉強をしていると、必ず疲れてきます。この疲れてきたときが、
    集中力が低下するときなのです。自身の集中力が何分くらいで低下して
    くるのかを把握しておけば、時間を上手に使って持続させることができます。

  • ■常に新しいことにチャレンジし、やったことのないものに取り組む
    同じ状況が続くと、やる気をアップさせるテストステロンが下がってモチベーションの低下を招くそうです。確かに、仕事がマンネリ化してくると、意欲は下がってきます。それを避けるには、常に仕事や生活に変化を与えていくことが必要。
    出典 :3/3 やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    挑戦し続けよう!

  • ネガティブな人と関係を断っていくと同時に、
    ポジティブな人・成功者と過ごす時間を増やしていきましょう。
    出典 :やる気・集中力を持続する方法 | 時間管理 タイムマネジメントでお金を生み出す戦略
     

    ネガティブな人とはつきあわない。

  • 目立つことをするとモチベーションが上がり、モチベーションが上がると目立つことをしたくなるそうです。目立ちたいという意思を持つことによって、脳内環境をやる気 モードにすることができるというのです。目立つことは、ブランディングに通じますので、仕事の上でも良い相乗効果が生まれてきそうです。
    出典 :3/3 やる気、モチベーションを持続させるには? [独立・会社設立のノウハウ] All About
     

    目立ちましょう。