指のかゆみで皮がむける手湿疹。ステロイドだけに頼らないで。

指のかゆみで皮がむける手湿疹。皮膚科を受診すると、ステロイド薬を処方されることが多く、ステロイド薬によって症状は改善するものの、少し治ったからと薬をやめると再発してしまうケースがほとんどです。手湿疹ができてから薬を塗って治すのではなく、手湿疹にならないためにできることをまとめました。

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手湿疹の原因は?。

  • 手湿疹の原因は、手を洗うことや、洗剤が直接指に触れることによって、皮脂が奪われてしまい、その皮脂が奪われてしまった皮膚に、刺激を受けることであると言われています。
    指のかゆみで皮がむける手湿疹は、特に乾燥しやすい冬場にかけて悪化することが多いものです。手湿疹が進むと、ひび割れなどが起こり、かゆみだけではなく、痛みにも悩まされます。特に家事を行うことが多い場合は、手湿疹ができていても、水仕事をしないわけにはいかず、なかなか治らないことも多いようです。

  •  

    手湿疹の治療をしたいと、皮膚科を訪れると、多くの場合ステロイド剤を処方されます。これを使うことによって、悪化してしまった手湿疹の症状は治まりますが、そこで薬をやめてしまうと、しばらくしてまた手湿疹の症状が出てくることがほとんどです。
    手湿疹のつらさから解放されるためには、手湿疹ができてしまってからステロイド剤で治すのではなく、手湿疹ができないようにする方法を考える必要がありそうです。

  • 手湿疹にならないようにする方法。

  • 手湿疹ができないようにするための方法は、手荒れにならないようにするための方法とほとんど同じです。
    ・水仕事をするときは、ゴム手袋をはめること。
    これを実践している人は多いと思われますが、徹底して行うことが大切です。まとまった洗い物などではなく、ほんの少しだけだから・・・と、ゴム手袋をしないまま水仕事をしてしまうことはありませんか?。そのちょっとした油断が、手湿疹につながってしまいますから、水仕事をするときは、どんなに短い時間でもゴム手袋をしましょう。

    ・ゴム手袋の下には、コットンの手袋をすること。
    汗も、手湿疹の原因になります。特にお湯での作業の時は、手汗をかきやすくなりますから、ゴム手袋の下には、できるだけコットンの手袋をはめるようにしましょう。

  • ・こまめに手の保湿をしよう。
    水仕事のたびに、必ず保湿クリームなどで手の保湿をしておきましょう。家事や育児に追われていると、またすぐに水仕事をするから・・・と、保湿クリームを後回しにしてしまいたくなることもありますが、その間にも手の乾燥はどんどん進んでしまいます。
    また、紙類を触った後も、手の皮脂は奪われていますから、保湿クリームを忘れずに。
    夜寝る前の保湿クリームは特にたっぷりと塗りましょう。このときに、コットン手袋などをしておくと、さらに保湿効果が高まります。

  •  

    保湿クリームは、すぐに使える場所に置いておくと、塗り忘れを防ぐことができます。

  • ・シャンプーを見直そう。
    食器洗いなどの家事を行う際には、指に直接洗剤が触れないように気を付けるものですが、お風呂で使うシャンプーは素手で行いますよね。シャンプーには、界面活性剤という化学成分が使われているものが、数多くあります。せっかく食器用洗剤などが手に触れないようゴム手袋でカバーしていても、シャンプーを素手で触って、手湿疹の原因を作ってしまっていることがあります。
    シャンプーは、界面活性剤を使っていない石けんシャンプーなどに代えてみるといいでしょう。

  • ・洗濯用の洗剤を見直そう。
    化学成分である界面活性剤は、数多くの洗濯用洗剤の中にも含まれています。洗剤自体を直接素手で触ることがなくても、洗剤の成分が、乾いた洗濯物の中に残っている可能性があります。タオルや下着などは直接肌に触れるものですし、洗濯物をたたむときに触れることで、手指に界面活性剤の成分の刺激を受けることも考えられます。
    洗剤も、洗濯用の石鹸洗剤などに代えてみるといいでしょう。

  •  

    洗濯用洗剤も、洗濯物を干すとき、たたむときに、知らず知らずのうちに手にふれているものなのです。