ダイエットに有効活用しよう!スローフードとは

スローフードは血糖値に関係する食べ物のようなのですが
ダイエットに使えるそうなのです

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • スローフードというものを知ろう

  • ダイエットにおけるスローフードとは、グリセミック指数(GI値)の低い、血糖値がゆっくりと上昇する食べ物のことである。血糖値が急激に上昇すると、インシュリンというホルモンが分泌され、脂肪の分解抑制、脂肪蓄積の促進に働いてしまう
    出典 :スローフード | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    脂肪の蓄積促進は嫌ですよね

  • 血糖値がゆっくりと上昇する食べ物を摂取することで、インシュリンの分泌が抑えられ、脂肪の蓄積を抑制できて、ダイエット効果が期待できるのである。スローフードを中心に摂取するダイエット法に、低インシュリンダイエットがある。
    出典 :スローフード | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    ダイエットに有効活用するとこうなるのですね

  • スローフード運動などもある

  • 1.消えてゆく恐れのある伝統的な食材や料理、
    質のよい食品、酒を守る。
    2.質のよい素材を提供する小生産者を守る。
    3.子供たちを含め、消費者に味の教育を進める。
    出典 :�X���[�t�[�h�Ƃ́H
     

    この指針を掲げて行われているようです

  • その土地でとれた安全な食べ物、その季節にとれた新鮮な食べ物、 質の良い食べ物を守ろうとする運動で、最近にわかに注目を浴びてい ます。 指針がシンプルでわかりやすい。こうじゃなきゃいけない、というのがない。
    出典 :�X���[�t�[�h�Ƃ́H
     

    シンプルなのが良い所というのは良いですね

  • ダイエットにも使える

     

    スローフードは健康維持にも
    使えそうな気がしますね
    そんなスローフードを
    つかってみるのも良いかもしれませんね

  • 語源は

  • スローフード協会の会長となるカルロ・ペトリーニが仲間たちと食卓を囲んでいたとき、ファストフードの脅威という問題が話題にのぼり、だれからともなく「スローフード」という言葉を口にしたのが始まりです。
    出典 :スローフードとは
     

    なんだかおもしろいですね

  • スローフード協会もある

  • 1986年、イタリア北部のペトリーニ会長の故郷、ビエモンテ州ブラに発足しました。母体となったのはアルテ(ARCI=Associazione Ricreativa Culturale Italianaイタリア余暇・文化協会)で、この協会の一派としてアルチゴーラの名前で発足したのが最初です。
    出典 :スローフードとは
  • スローフードはもともとイタリアで1980年代(ねんだい)に始(はじ)まった運動(うんどう)で、今(いま)、世界中(せかいじゅう)で実践(じっせん)されているんだ。スローフードを取り入(とりい)れた生活(せいかつ)スタイルを「スローライフ」ともいうよ。
    出典 :スローフードとはどんな食べ物ですか?|環境なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ
     

    なんだかとっても良さそうですね

  • 食を見直そう

  • ○ 食とは、分かち合い人を良くし、
    幸せにし、健康にするもの。
    ○ 食とは、咀嚼(そしゃく)する、
    噛み砕く・噛みこなすという意味
    出典 :スローフードとは?
  • ○ スローフードの「スロー」とは、遅い、のろいの意。時間をかけて、だらだらと食べようというのではなく、ふだん漫然と口に運んでいる食べ物を、多様化している食事を、この辺でじっくり見つめ直してはという提案です。
    出典 :スローフードとは?
  • スローフードを導入して

     

    もう一度食をみなおして
    みるのもよいかもしれませんね
    もしかしたら、乱れているのかも
    しれませんよ?