危険な妊娠後期のお腹の張りを知っておこう

妊娠初期のお腹の張りはダメだと言われますが、妊娠後期のお腹の張りは危険なんでしょうか?

view1203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お腹の張り=子宮収縮ではない

  •  

    妊娠後期になり早く赤ちゃんと会いたい気持ちですが、出来ればぎりぎりまでお腹の中で守ってあげたいですよね。
    そんな時お腹が張ると「切迫早産!?」などと焦ってしまいますがお腹が張るからといって必ずしも子宮が縮んでいる訳ではありません。

  • 「お腹の張り」イコール子宮収縮というわけではありません。それは、おなかが張りとは、本人の自覚的なものだからです。よく調べてみると、張っていると思っても、実際は「子宮を支えている靭帯が引っ張られる」「腸の蠕動」「皮膚のつっぱり感」だったりすることも
    出典 :お腹の張り [妊娠後期] All About
  • 妊娠子宮は収縮します。個人差はありますが、妊娠20週前後から感じやすくなり、30週を過ぎると、頻繁になると訴える妊婦さんが増えてきます。お なかの張りは妊娠中のトラブルを見つけるための大切なサインではありますが、ほとんどが生理的で、赤ちゃんへの影響はありません。
    出典 :お腹の張り [妊娠後期] All About
     

    しかし、あまりにも様子がおかしい場合は自己判断せずに病院へ行ってください。

  • 妊娠後期になると、子宮が大きくなり子宮の筋肉が張りやすくなるため、頻繁にお腹が張るようになります。とくに動き過ぎや冷え、ストレスを感じると張りやすくなるため注意しましょう。
    出典 :PART1 知っておこう! お腹の張り基礎知識 - gooベビー
  • 危険なお腹の張りを見極めよう

  •  

    ほとんどのお腹の張りが大丈夫だといってもやはり心配ですよね。
    そこでどんなお腹の張りが危険なのか見極めましょう。

  • お腹が張るタイミングはさまざまですが
    いずれにしても胎動に伴ってお腹が張ったり、約30分以内に張りが治まるときは心配いりません。
    出典 :PART1 知っておこう! お腹の張り基礎知識 - gooベビー
  • ただし30分以上張りが続いたり、痛みや出血を伴う場合は、
    1.早産や流産の兆候がある切迫流・早産
    2.胎盤が剥がれて母子ともに危険な状態になる
    常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
    出典 :PART1 知っておこう! お腹の張り基礎知識 - gooベビー
  • 後期になると、張りを感じることが多くなります。そのため、この時期になると「張りはしかたがないもの」と考えるママも多いようですが、こうした認識はNG。36週くらいになるまでは、「張らないほうがよいもの」と考え、張りや体調の変化には常に気を配りましょう。
    出典 :BABY - おなかの張り・痛み・違和感
  • お腹が張った時の対処法

  • 妊娠したら、何をするにしても一気にしようとせずに、休み休みすることです。長時間同じ姿勢でいたり、立ちっぱなしでいるのは避けること。座ったり横になったりしながら、おなかや腰に圧迫がかからないように気をつけましょう
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
     

    今日はちょっと無理したかな…などと思った時はゆっくり休みましょう。

  • ○夜中、よく張る
    日中より、リラックスしているときのほうが張りを感じるという人も。しかし、横になっている状態で張りを感じるのは兆候ではありません。早めに受診を。
    出典 :BABY - おなかの張り・痛み・違和感
     

    寝がえりを打った時の張りは心配しなくても大丈夫です。

  • ○胎動が減り、おなかが張る
    とても心配な症状です。なんらかの理由で赤ちゃんの心拍が弱くなっている可能性があるので、すぐに産院に連絡しましょう。張りの強さ、出血の有無もチェック!
    出典 :BABY - おなかの張り・痛み・違和感
     

    焦らず冷静に対処するのも大切です。

  • しばらく休み治まれば大丈夫です
    お母さんが感じた張りが、心配なものなのかどうか区別するのは難しいのですが、しばらく安静にしていて落ちつくかどうかが、重要なカギになります。
    出典 :お腹の張り [妊娠後期] All About
     

    出血・熱・規則的に張るなどという症状の場合は直ちに病院へ連絡を