何をする?「サイトメガロウイルスの抗体検査」を知ろう

サイトメガロウイルスの抗体検査についてしっかりと知っておきましょう!

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 抗体検査の概要は

  • IgM、IgGの個別測定が可能な、蛍光抗体法(FA)、酵素抗体法(ELISA)が頻用されています。補体結合法(CF)はスクリーニングに用いられますが、感度が低いというデメリットがあります。サイトメガロウイルス特異的IgMが陽性であれば最近の感染の可能性が高いですが、IgMは初感染から3か月程度陽性が持続するため、判断には注意が必要となります。
    出典 :サイトメガロウイルス(CMV)検査 | 病院で受ける検査
  • また、IgGを少なくとも2週間以上間隔をあけて2回測定し、4回以上の上昇が認められれば、初感染あるいは再活性化の可能性が高いと判断できます。ただし早期の診断には不向きです。
    出典 :サイトメガロウイルス(CMV)検査 | 病院で受ける検査
     

    早期の診断には合わないのですね~他の検査があるのでそちらを使うと良いかも!?

  • 妊婦さんも受ける事になる

  • 2011年調査によれば、全国産科施設のうち4.5%が妊婦健診でCMV抗体検査を行っていた。妊婦の抗体検査は、初感染予防、胎児感染ハイリスク(要精査・フォローアップ)出生児の抽出の目的などで行われる。
    出典 :妊婦サイトメガロウイルス感染の検査とカウンセリング
     

    サイトメガロウイルスの抗体検査はしっかりとうけておきたいですね。

  • 1)抗体陰性者に感染予防啓発を行う。 2)初感染の可能性が高い妊婦を抽出し、新生児精査、フォローアップと治療を行う。 3)初感染妊婦に胎児感染予防の投薬や先天性感染児に治療を行う。
    出典 :妊婦サイトメガロウイルス感染の検査とカウンセリング
     

    このような流れになると思います。

  • サイトメガロウイルスの抗体検査方法

  • 1) 宿主に感染したウィルスの検出2) ウィルス感染により引き起こされた病変の検出とその分析3) ウィルスに対する宿主応答の結果生じた生体反応の解析に区分される。
    出典 :感染症の病理学的考え方 : サイトメガロウィルスに関する抗体検査法
  • 1) は電子顕微鏡、細胞培養でのウィルス粒子自身の検出である。日常的に施行する事は難しく、特殊な実験室レベルの操作を必要とする。2) は病理組織標本が主たるものである。しかし生体へのストレス侵襲性3) 抗体および抗原検査:これが最も一般的、簡便かつ安価である。生体へのストレスや侵襲性は低い。迅速で微量なものも検出可能。
    出典 :感染症の病理学的考え方 : サイトメガロウィルスに関する抗体検査法
     

    細かく見るにはこのような事を行うのです。

  • このサイトメガロウイルスは

     

    成人の60~90%は過去に感染した事があるそうなのです、いったん感染してしまうと潜伏状態に一生なってしまうそうなのです。その感染が潜伏期間をすぎて再活性化する事があるようなのです。

  • 抗体基準は

  • IgM陰性、IgG陰性の場合
    過去・現在ともにCMVに感染していません。
    IgM陰性、IgG陽性の場合
    過去にCMVに感染経験があり、既にCMVに対する
    免疫を持っていることを示します
    出典 :サイトメガロウイルス(CMV)検査 | 病院で受ける検査
  • IgM陽性、IgG陰性の場合
    最近CMVに初めて感染したことを示します。
    IgM陽性、IgG陽性の場合
    比較的最近CMVに感染したことを示します
    出典 :サイトメガロウイルス(CMV)検査 | 病院で受ける検査
  • 多くの人の唾液、鼻汁、母乳、涙、血液などに含まれています。30年ほど前までは、成人の96%は抗体を保有していたのですが、その後、幼少時の発育環境の衛生化が進み、抗体を持たないまま成人になる人が増えてきました。その結果、妊娠したときに初めて感染してしまって本症を生じてしまう例が増えているのです。
    出典 :ばばじろう記事−先天性サイトメガロウイルス感染症
     

    このような事があり増えているのできをつけましょうね。

  • このサイトメガロウイルスは

     

    妊娠している時でもいつでも身近にいるという事です。出来る事からはじめましょう。手洗いをこまめにする、子供と同じスプーンは使用しないなどの対策が必要です。