息クサ女子急増中★きれいな息のための舌の掃除の仕方

口臭の原因となるの歯舌の汚れ。正しい舌の掃除の仕方を覚えてきれいな息を目指しましょう!
最近若い女性に多いのが、口臭の悩み。
相手を不快にさせないためのエチケットとして、口臭対策はとても重要です。
ぜひ参考にしてくださいね。

  • mippi 更新日:2014/11/09

view160

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 息クサ女子が増えている!

  •  

    誰かと話している最中に、相手に顔をしかめられたことはありませんか?

  • どんなに美しい女性でも、嫌な臭いがすれば幻滅してしまいますよね。

    スタイルが良くて、おしゃれで、化粧をきちんとしていても、お口のケアを怠ってしまえばそれですべてがだらしない印象となってしまいます。

    誰もが毎日歯磨きをしていると思いますが、どんなに歯磨きをしても口臭が気になるという人は、もしかすると舌が汚れているのかもしれません。

  • 口臭の原因を知ろう

  •  

    どんなに口の中を清潔にしていても口臭が気になってしまう原因って何なんですか?

  • 一番の原因は磨き残し

     

    磨いていると思っても、実は意外に磨き残しているのです。

  • 口臭の原因は様々。

    最も顕著な原因は、口の中の汚れが取り切れていないということです。
    丁寧に磨いているつもりでも、歯の隙間や奥歯の溝に磨き残しがあるという人は多いもの。

    口の中は常に湿気がある状態ですから、雑菌が繁殖しやすい状況です。
    普段は唾液がその雑菌の働きを抑えてくれますが、おなかが空いているときや起床時には唾液の分泌がいつもよりも少なくなるため、口臭を感じやすくなります。

    女性の口臭の原因はストレスも関わります。

    ストレスによっても唾液の分泌は少なくなります。
    大切な人に会う時に限って口臭が気になりだすのは、その緊張のせいなのです。
    歳を重ねることでも唾液は少なくなります。

  • 舌の汚れが口臭の原因であることも

     

    舌の汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれます。

  • 口の中の汚れは、歯の隙間だけにあるわけではありません。
    実は下にもたくさんの汚れがこびりついているのです。
    舌にこびりついた汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれます。
    舌が白っぽくなっているのであれば、舌苔がたまっている証拠。
    この舌苔が口臭の原因となっていることも、大いにあるのです。

    舌苔は、胃腸の不調をあらわすとも言われています。
    食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸の調子が悪いと、舌苔が多く生えてきます。

    舌の表面に真っ白く濁った汚れが多くついている人は、舌の掃除が必要です。
    次では、舌の掃除の仕方についてご紹介しましょう。

  • 舌の掃除の仕方とは?

  • 舌苔を取り除くことで、口臭を劇的に抑えることができます。
    ここでは舌の掃除の仕方をご紹介します。

  • まずは自分の舌を見てみましょう

     

    舌苔の全くない人というのはいません。
    舌苔が少なければ、取る必要がないこともあります。

  • 舌苔は、必ずしもすべて取り去らなければいけないというものではありません。
    むしろ、舌苔の全くない状態というのもよくないのです。

    舌を磨くのは一日に1度で十分です。
    おすすめのタイミングは、朝の歯磨きの時。
    道具はいつもの歯ブラシでOK。
    それ以上やってしまうと、舌にダメージを与えてしまうことがあります。

    ごしごしとブラシを往復させるように磨くのではなく、一定方向に汚れを掻き出すようにして磨きましょう。

  •  

    ポイントは、やさしくとることです。

  • 舌にはたくさんの神経があります。
    細かな味を見分けるためのセンサーは、デリケートなもの。

    根こそぎとってしまいたいと思うからこそ力が強くなってしまいがちですが、ここで力任せに舌をこすってしまうと、傷をつけてしまう原因となります。

    ですので、やさしく舌苔を取り除きましょう。

  • 専用のクリーナーを使うのもおすすめ

     

    舌苔を取るための専用クリーナーは、様々な種類のものが発売されています。

  • 舌苔を取るために道具は、特に必要なものではありません。
    普段の歯磨きのついでに歯ブラシで汚れを一緒に掻き出してしまうのでも十分です。

    しかし、歯ブラシの先はとがっていたり硬いものが多いため、出来れば専用のクリーナーを使うことがおすすめです。
    専用のクリーナーは先がシリコンになっているなど、舌へのダメージを極力抑えたデザインになっています。また、下の形状に合わせ、フィットしやすくなっているため、慣れない人でも使いやすい仕様です。

    初めて舌の掃除をするのであれば、専用のクリーナーを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。