冬こそ短期決戦!!王道のりんごダイエットは今の時期がおすすめ!常温のりんごが成功の秘訣!?

短期ダイエットの王道はやはりりんごダイエットです。今の時期はりんごが安くて美味しい時期なので、実践するなら今がチャンスです。今ではりんごダイエットもいろいろな種類があるので、はじめやすいものに挑戦しましょう。ポイントは食べるりんごを常温にすることです。

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 短期間で効果のあるダイエット法とは?

  • 短期間で効果的にダイエットをするというのは、健康的ではないと言われています。しかし、現代人はとかく食べ過ぎの状態で消化器をはじめとした様々な内臓に負担をかけています。そのため、半日や1日程度のプチ断食や、食欲がないときには無理に食べない、ということも健康にとってはよいとみなされつつあります。

  • ただ痩せるだけなら、“断食”が一番なのですが現実的ではないので、日常生活を送れる範囲で最も痩せる方法です。
    出典 :運動せずに2週間で5kg痩せる!簡単な短期間ダイエットの方法 | ダイエット&健康の最新情報
  • 王道の「りんごダイエット」効果は抜群

  • 食べ過ぎだから、節制するといって、いきなり断食をはじめるのは、あまり良いこととは思えません。もちろん、前日に食べ過ぎて食欲がないという理由は別ですが、食べたいのに長く我慢をすることは精神的だけでなく、身体的にもあまり好ましいダイエット法ではありません。
    そこで、今の時期だからこそ、挑戦したいのは「りんごダイエット」です。りんごダイエットの歴史は古く、日本で最初にブームになったのはおよそ40年前くらいでしょうか。その間、専門家からも効果的だと賞賛される一方で、体に悪いと否定的な意見があったりして、長らく王道ではない、ちょっと怪しいダイエット法という見方がされてきました。
    研究結果などによると、その効果のほどは比較的高く、また食事制限が必要とされるような肥満体の人において、健康を損ねるという報告も少ないようです。ルールを守って実践することで多くの人が短期間で理想的な体重になったり、または他のダイエット法よりも高い効果が得られるとのことです。

  • りんごダイエットには、「3日間りんごと水、またはコーヒーなどカロリーゼロの飲み物で過ごす」という方法や「3日間、3食のうち2食をりんごのみに置き換える」という方法があるようです。
    出典 :断食系ダイエットの元祖!りんごダイエットって効果あるの? | スキンケア大学
  • また断食に近いダイエット方法のため、最大でも連続3日間までにするのが身体のためにも良いでしょう。
    出典 :断食系ダイエットの元祖!りんごダイエットって効果あるの? | スキンケア大学
  • 「りんごダイエット」のルールは最近ではいろいろな方法が出回っています。このダイエットの元となった、エドガー•ケイシーの話によると、りんごダイエットで用いられるりんごの種類や品種も指定され、3日間はりんごだけで過ごすという方法が基本のようです。しかし、1日のうち、2食をりんごにしたり、朝1食をりんごにするなどでもダイエットの効果はあるとされています。
    この3つのりんごダイエットのパタンについて、それぞれの具体的な方法と注意する点についてみてみましょう。

  • 【1】王道りんごダイエット!3日間りんごだけ食べる

  • りんごダイエットの中でも、3日間、りんごだけを食べて過ごすという方法はもっとも厳格で、そしてもっとも効果が高いとされています。この方法は単純な減量効果だけでなく、内臓を休ませ、機能を復活させるという意味でも非常に有用なものです。
    ポイントは2つ。3日できちんと終わることと、この期間の過度の運動はさけることです。この方法はもっともきつい方法であり、高い減量効果が期待されるので、3日以上行う人がいるようです。しかし、りんごダイエットは長く続けるよりも、3日間のりんごダイエットを月に1度や、半年に1度など、定期的に行うことで、高い効果が得られることがわかっています。反対に、長くりんごダイエットを続けることで健康被害がでたり、体に脂肪を溜め込みやすい体質をつくる原因にもなります。そして、このりんごダイエットを行っている期間は過度な運動は避けましょう。生活強度によっては日常生活の中でこのダイエットを行うことは、内臓を休ませて機能を回復させるという本義にも反します。できれば、休日を利用しての実行が望ましいですね。

  • りんごには、腎機能を復活させる効果があります。3日間は余計なものは口に入れず、りんごだけを食べるようにして下さい。
    出典 :りんごダイエットで腎臓復活!じんましんを一刻も早く治す方法 | 美容ブログ [女性の美学]
  • これによって復活した腎臓は血液と体液の浄化にかかります。新鮮な水によってドロドロ血液がサラサラになり、暴走していた血管も落ちつき始めます。
    出典 :りんごダイエットで腎臓復活!じんましんを一刻も早く治す方法 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 【2】1日2食をりんごにする

  • 1日2食のりんごダイエットは、3食をりんごにするよりは、難易度が低下します。きついと感じるのは最初だけで、徐々に食事量に慣れていくので、3食をりんごにするよりは、長く続けやすい方法ではあります。しかし、2食をりんごにすることは、大幅な摂取カロリーの減少になるので、この方法も基本的には3日間程度に留めましょう。その分、予定のない週末などを利用して実行する回数を増やすなどして、定期的に末長く行うことが、より効果的な結果を生むようです。

  • りんごは1つ150kcalです。これだけではカロリーが不足してしまうため、必ず1食に2つ以上は食べた方が良いですね。
    出典 :断食系ダイエットの元祖!りんごダイエットって効果あるの? | スキンケア大学
  • 【3】朝だけりんごにする

  • デスクワークの人や学生におすすめしたいのが、朝だけをりんごにするという方法です。このりんごダイエットは比較的、多くの人に実行しやすい方法であるにも関わらず、高い効果も見込めます。とくに、一日の食事で夕食にウエイトを置いている人にはもっとも実践しやすいのではないでしょうか。
    この朝だけりんごダイエットの注意点は、りんごの温度です。朝、冷蔵庫から出したばかりのりんごは、体には少し冷たいものです。朝から冷たいものをたくさん摂取することは内臓の温度を下げてしまう可能性が高く、そのためにダイエット効果が低くなる傾向にあるようです。朝だけりんごダイエットを行う場合には遅くとも寝る前にはりんごを冷蔵庫から出して、朝には常温で食べることができるようにしましょう。

  • その方法とは「朝リンゴ大量摂取ダイエット」です。...朝食時に少なくともリンゴ1個~2個を頂くというシンプルなものです。
    出典 :りんごダイエットの効果と取り組み方