ダイエットにも活用できる!?ヒマシ油とは☆

デトックス効果が出来きるとされて注目!
ヒマシ油とはどのようなもの???

view832

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヒマシ油

  • ひまし油とは植物油の一つであり、トウゴマの種子から抽出される。不飽和脂肪酸を豊富に含んでいるが、酸化しやすい特徴があるため食用としては利用されていない。香水やワックス、塗料などとして用いられることが多い。ひまし油はアトピー性皮膚炎の治療やマッサージ、湿布として活用されている
    出典 :ヒマシ油 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    治療にも使われているのですね!

  • ひまし油には体内に吸収されると、体内の有害物質や老廃物を排出する働きがあり、デトックス効果が期待できる。ひまし油をガーゼなどにしみ込ませて、肝臓の上辺りを湿布することで、脂肪分解効果や血液サラサラ効果が期待できるとして、ダイエットにも活用されている。
    出典 :ヒマシ油 | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • 効果

  • リンパや血流の流れを促す不飽和脂肪酸であるリシノール酸が9割ほど含まれているため、自律神経の正常化、免疫力の強化、毒素の排出作用などがあります。保湿力に優れているため、ローション、乳液、クリームなど、口紅、石鹸、バスオイル、ヘアケア用品まで幅広く原材料として利用されています。
    出典 :キャスターオイル(ひまし油)とは?|美容オイル美肌辞典 ~保水力アップでもちっり潤い肌~
     

    色々なものに使われているのですね!

  • 皮膚への浸透性が優れていないために、マッサージオイルとしての利用は難しいですが、アロマテラピーとして湿布に活用されることが多く、温湿布による肝臓の解毒効果が期待できます。また、下痢を促す作用があり、便秘の際に即効性下剤としても活躍し、古くから親しまれている民間療法です。
    出典 :キャスターオイル(ひまし油)とは?|美容オイル美肌辞典 ~保水力アップでもちっり潤い肌~
     

    昔からあるようですね!

  • シップ

  • ひまし油に浸したフランネルを右下腹部につけ、温めます。1時間から1.5時間、その後、重曹を溶かしたお湯で肌についたひまし油をふき取ります。3日間連続して行い、4日間休みます。3日目の夜に、毒素の排泄を促すためにエキストラバージンの大さじ1杯程度のオリーブオイルを飲みます。
    出典 :エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ ひまし油とひまし油湿布
  • またこの期間は毒素の排泄が高まっているので、水分をしっかりとります。
    これを3週間ほど続け、1週間休んだのち、まだ湿布が必要であれば、同じように実施します
    出典 :エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ ひまし油とひまし油湿布
  • デトックス

  • この療法はやはりなんと言っても毒出し、デトックスです。人間の体にはたくさんの毒素が溜まっています。特に肝臓は解毒作用するところで、この肝臓に湿布をすることで体内の毒素を排出することを助けてくれます。肉体面だけでなくネガティブな想いや過去のカルマなどの浄化も助けてくれるのです。
    出典 :茶久良 ひまし油とは?
  • ひまし油

     

    ヒマシ油は特に人体の波動と共振する波動の型を持ち、熱の波動によってさらに、活性化されるのです!
    それを右側につけると、小腸の絨毛の働きを活発にして、消化された食物から吸収されたリンパ液は中心乳び管、リンパ本管を経て血液として、各細胞に栄寶を与え、老廃物の排泄に力を発揮するそうです

  • 注意

  • 妊娠中は刺激が強いので使用は控えるべき!

     

    安全性に至っては、原材料の種子には有毒アルカルドのリシニン及び毒性タンパク質のリシンが含まれていますが、キャスターオイルとして抽出されたものには毒性はありません!
    既出であるキャスターオイルの成分リシノール酸に、アレルギー反応を示す方もいるので、使用前のパッチテストをお勧めします!!

  • 腎臓、肝臓、胆襄、大腸、小腸、肺、胃、膵臓等の障害、ホクロ、イボ、オデキ、関節、筋肉、腱、血管、神経、血液、リンパ腺等の障害、炎症、結石、排出不良、テンカン、痛風等。万病に効果があるかのようなヒマシ油ですが、急性の症状がある人や重病の人は医師の診断と治療を受けることが鉄則です。
    出典 :茶久良 ひまし油とは?