たとえ高齢出産になっても産みたい! 高齢出産という選択

view277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 晩婚化している現代において、高齢出産は社会問題といっても過言ではありません。
    実際、妊娠・出産する女性にとっては赤ちゃんだけではなく自分の命に関わるリスクも高まります

  • 何歳からが高齢出産なの?

  •  
     

    高齢出産とされる年齢はあくまで目安。
    当然個人差もあります

  • 高齢出産のリスクは?

  • 妊娠できない! 妊娠率の低下

     
  •  
     

    その他にも妊娠に関係するホルモンを管理する箇所に異常があることが原因でホルモンバランスが崩れてしまっている可能性も考えられます

  •  
  • 年齢を重ねるにつれて卵子が老化するのは避けることができません。
    高齢出産を自ら選ぶ人は、いざ自分が妊娠したいときにこういった理由などで妊娠率が下がることもあるのだということをきちんと理解しておく必要がありますね

  • 流産のリスクが高まる

     
  •  
  •  
  • ダウン症などの先天異常のリスクが上がる

     
  •  
     

    羊水検査などで先天異常を調べることはできますが、それについての意見は賛否両論分かれるところです

  • 難産になりやすい

     
  •  
     

    おまけにやはり若い人に比べると血管が硬くなっていることが多いので、血圧が必要以上に上昇してしまうという心配も出てきてしまうというのです

  •  
  • 産後の回復が悪い

     
  •  
  • こう見ると高齢出産はデメリットばかりのようですが、高齢出産だからこそのメリットもあります。
    高齢出産だからと肩身の狭い思いをすることはないんですよ。