【糖分】の摂りすぎは体に良くないは本当?

糖分の摂りすぎは良くないと教えられてきましたが
本当に危険なのでしょうか
そんな糖分の摂りすぎが招く危険性をまとめてみました

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんな症状には要注意

  • ●忘れっぽい ●集中力がなくなる
    ●感情がコントロールしにくい●カッとしやすい
    ●忍耐力がない苛立つ ●気分が落ち着かない ●心が空白になる
    ●頭が混乱しやすい ●劣等感に悩まされる
    ●いつも緊張を感じる等
    出典 :砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
  • 「シュガーブルース」という著書

     

    砂糖のとり過ぎによって 引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた書籍です。自分の体験から、自分が8歳の時から砂糖水の虜となり、 それ以来甘い清涼飲料水などによる砂糖中毒にかかり、 どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、 説得力があります…

  • 砂糖が駄目と言われる理由はあった

  • 砂糖が体によくないのは、全く栄養を含んでないからです。人間に必要な栄養はビタミンやミネラルなど50種類ぐらいあり、そのどれが欠けても健康が低下するため、砂糖でカロリーをとるのを減らさなければならない。
    出典 :����
  • 砂糖の大きな問題は、食べ過ぎていることと(年間50キロ)とそれに気づいていないことです。
    砂糖には保存料としての働きがあるため思いもよらないような製品にも含まれています。例えば・・・ピーナツバター、缶詰の野菜、固形スープの素、ケチャップにはアイスクリームよりも多く砂糖が入っています。
    出典 :����
     

    知らない所でも砂糖は多く使われている事になります

  • ビタミン・カルシウム不足を招く恐れも

  • のどが渇くと砂糖のたくさんはいった清涼飲料を飲んでいます。糖分をエネルギーにかえるときやアルコールを処理するとき、ビタミンB1を必要としますから、砂糖や酒だけ摂ってビタミンB1を含んでいる肉や野菜などを摂らないと、ビタミンB1が不足してしまうのです。
    出典 :3月のコラム:砂糖もいいけれど摂りすぎるとこんなに害がある
  • 砂糖の摂りすぎはカルシウム不足ももたらします。ビタミンB1とカルシウムは、ともに神経伝達に重要な働きをしていますから、これが不足すると神経に障害を生じます
    出典 :3月のコラム:砂糖もいいけれど摂りすぎるとこんなに害がある
  • 糖分で肥満

  •  

    砂糖は摂取されると、すみやかにブドウ糖と果糖に分解され、血液へと流れ出す。血液中のブドウ糖を体の組織に取り入れるために必要になるのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンだ。

  • ブドウ糖はこのインスリンの力を借りて代謝され、最終的には水と二酸化炭素になる。そして代謝されなかった分は、グリコーゲンや中性脂肪となって、体内に貯蔵される。
    出典 :糖分の摂り過ぎが招く「肥満症などの生活習慣病」|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 糖分→肥満→生活習慣病

  • 肥満症になると高血圧や高中性脂肪血症、糖尿病など、さまざまな生活習慣病の危険度も高まる。肥満症とは、「肥満になんらかの健康障害を合併している状態」。

    ことに、お腹まわりにお肉がついた場合は要警戒!WHO(世界保健機関)の報告によれば、男性で腹部が94センチ、女性なら80センチを超えると、なんらかの疾病にかかっている可能性があるという。
    出典 :糖分の摂り過ぎが招く「肥満症などの生活習慣病」|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 母胎に表われる変化
    ① 子宮、卵巣の発育不良 ② 子宮の収縮力減退 ③ 妊娠期間の延長
    ④ 羊水過少症の発現  ⑤ 流産、早産の激増
    出典 :砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
  • 胎児に対する影響
    ① 体重が妊娠の各時期に著しく減少し…
    ② 骨格、特に頭蓋骨への影響が大きく…
    ③ 奇形の発生率が増大
    出典 :砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
     

    これらも影響すると考えられています