早朝覚醒の原因、要因

朝早く目が覚めてしまってそのまま眠れなくなってしまったという経験がある人は多いと思います
それは早朝覚醒といって、頻繁に起こるようなら不眠症の症状といえます
症状が悪化する前に改善できるように早朝覚醒の原因を知っておきましょう!

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝早く目が覚めてしまう事を早朝覚醒といいます

  • 7時に起きれば十分なのに、4時とか5時に目が覚めてしまう状態です。早朝覚醒で目覚めた時に眠い方は自分が不眠症といわれても納得いくでしょうが、目覚めた時から元気に感じる方もいます。一見健康そうに見えますが、「動く神経」が強すぎるための現象で、これも立派な不眠症といえます。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
     

    早朝覚醒は立派な不眠症状なのです

  • 例えば、昼寝を長くしてしまった場合などは、自律神経のリズムが狂い、不眠症でなくとも寝つきが悪くなったりします。たまにこんな日があってもいいのですが、この状態が続くと昼夜逆転になってしまいます。昼夜逆転とは、昼に眠くなり、夜は目がさえてしまう事を言います。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
     

    夜型の人はたまにいますが、あまり健康的な状態ではないのです

  • 早朝覚醒の原因・短期的な場合

  • 昼間、緊張や興奮をしすぎた場合。
    昼間に緊張や興奮をしすぎた場合、夜になっても緊張や興奮が鎮まりにくく、眠れなくなる場合があります。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
     

    興奮してると眠ることはできないですね

  • 例えば大きなストレスを受けたり働き過ぎたりした場合、疲れてゆっくり眠れそうですが、実は緊張しすぎてしまい「動く神経」が強く働いてしまい、「疲れているのだけれど、眠れない」といった状態になります。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
     

    浸かれているのに眠れないというのは辛いですね

  • 明日(将来)のことで緊張や興奮している場合、または不安な場合

     

    明日(将来)のことで興奮してる場合とは、子供の頃の遠足が楽しみで興奮して眠れないというようなことです。しかし、楽しみで興奮する時もあれば、不安を感じて眠れなくなってしまうこともあります。

  • それは明日の仕事のことなどを考えてしまい、不安を感じて眠れないといった状態です。楽しみな興奮ならいいのですが、嫌な仕事だと不安感などから「動く神経」が強くなり不眠症となります。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
  • 早朝覚醒の原因・長期的な場合

  • 心配事が多いとその心配事が気になって、なかなか眠れない状態になってしまうのがこの状態です。
    この状態が長く続くと、「継続的緊張」になってしまいます。長期間のストレスや不安などを感じていると、心と体が緊張癖を持ってしまいます。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
  • 例えば、長期間人間関係で悩んでいたり、災害などに遭い、避難所などで暮らしていると、心が休まらない状態が続くということです。この状態ですと、「動く神経」が強くなり眠れなくなってしまいます。特にいつ終わるのか分からない「終わりのないストレス」を感じている方は、ストレスの強さが増しますので早朝覚醒、不眠症になります。
    出典 :不眠症の原因・対策と自律神経の関係:からだ工房 楽ら
     

    解決の目処のたたない悩みをかかえてる人は要注意ですね

  • 老人性早朝覚醒

  • 早朝覚醒には二つのパターンがあり、一つは老人性早朝覚醒です。お年寄りは朝が早いイメージがあると思いますが、睡眠の傾向自体は三十代後半~四十代前半で切り替わりが見られます。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
     

    年齢的には中年を迎えたころに老人性早朝覚醒の症状が出始めます

  • 「睡眠パターンが早起きになるのは、もっと歳をとってから」と思っていると実際の体の変化に戸惑って深刻に感じる人もいます。ですが日中に眠気が酷かったり、生活に支障をきたすようなことがなければ問題ありません。早く目が覚めてしまえば、無理に再入眠しようとせず、そのまま一日を始めてもいいのです。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
     

    日中に眠くなって昼寝をしてしまうと睡眠のバランスが崩れてしまいますが、そうゆう事が無いなら深刻な問題ではないです

  • 加齢に伴って睡眠力は落ちていきます。メラトニンの分泌も抑えられ、眠りが全般的に浅くなるため中途覚醒や早朝覚醒が起こりやすいのです。他の睡眠障害と違い、ある程度の年齢で熟睡感さえあれば特に治療の必要もなく、睡眠障害に分類しないケースも多いです。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • うつ病が原因の場合

  • うつ病は早朝覚醒の大きな要因になります

     

    老人性早朝覚醒以外のもう一つのパターンには注意が必要です。それは「うつ病」の症状として現れます。

  • うつ病の場合は、起きる時間が早くなっていく以外にも、中途覚醒、入眠障害など睡眠そのものが不規則になるため、日常のパターンが崩れやすくなり、生活に支障をきたすことが多いものです。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • こういった早期覚醒などの睡眠障害は自律神経と大きな関わりがあると言われています、いわゆる自律神経失調症です。
    出典 :睡眠障害はうつ病の初期症状、早期覚醒に注意! | iGotit
  • 早期覚醒を引き起こしてしまう自律神経の乱れは多くの場合ストレスが原因であると考えられています。
    ストレスによって睡眠時にリラックスするはずの脳や体がリラックス出来ない状態が続くと早期覚醒を引き起こしてしまう可能性があるのです。
    出典 :睡眠障害はうつ病の初期症状、早期覚醒に注意! | iGotit
  • 早期覚醒や中途覚醒などの睡眠障害に悩まされている方はこんなストレスに心辺りがあるのでは?

     

    ・会社での立場上のプレッシャーなどにより常に緊張状態にある。

    ・日々の生活に不安がありそこから睡眠前も考え事ばかりしてしまう。

    ・腹の立つ出来事が多くて常にイライラしている。

    ・いつも仕事の事ばかり考えていて仕事とプライベートの折り合いがつかない。

  • 人はこういったストレスに対してなかなか自覚症状をもてないものです、はたから見れば力が入りすぎてしまっているのが一目瞭然でも本人は日常をただやり過ごしているだけという事が少なくありません。
    出典 :睡眠障害はうつ病の初期症状、早期覚醒に注意! | iGotit
     

    なかなか難しい問題だとは思いますが、ストレスを作らない環境作りが不眠症予防に不可欠なんですね