慢性鼻炎の手術、これは必ずしなきゃいけない?

慢性鼻炎の手術と聞くと、ちょっと怖いような気もしますが、どのような手術なのでしょうか。そして必ずしなきゃいけないものなのでしょうか。そんな慢性鼻炎の手術について情報をまとめました。

  • nelle 更新日:2014/06/23

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性鼻炎とは…

  • 慢性鼻炎とは長期間、鼻の粘膜に生じる慢性の炎症です。原因は様々で、原因を特定できない事もあります。
    出典 :慢性上気道炎|くさの耳鼻咽喉科
  • アレルギー性鼻炎なども、この慢性鼻炎の範疇に入ります。アレルギー性鼻炎以外の慢性鼻炎は、なかなか症状をおさえることが難しいことが多い(難治性)です。
    出典 :慢性上気道炎|くさの耳鼻咽喉科
  •  

    原因はいろいろ、症状もいろいろ…。

    ただし、悪化させてしまうと、慢性鼻炎の手術を行わなくてはならなくなることも。
    気をつけましょう!

  • 慢性鼻炎の症状…

  • ・鼻がつまる。
    ・鼻水が多い。
    ・頭が重い。
    ・頭が痛い。
    ・鼻で呼吸ができない。
    出典 :慢性鼻炎の症状
  • ・においが分からない。
    ・口で呼吸するので口や喉が渇く。
    ・口臭が酷くなる。
    ・睡眠時無呼吸症候群を誘発する。
    ・副鼻腔炎を誘発する。
    出典 :慢性鼻炎の症状
     

    急性鼻炎とほとんど同じです。
    しかし、「長引く」というのが特徴です。

  • 慢性鼻炎には2つのタイプがあり、慢性単純性鼻炎と慢性肥厚性(ひこうせい)鼻炎に分けられます。慢性単純性鼻炎は、粘膜が赤くはれた状態が続くもので、慢性肥厚性鼻炎はもっと症状が長引いたことで、粘膜が厚くかたくなってしまったものです。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  • 慢性鼻炎の治療は…

  •  

    慢性単純性鼻炎は薬での治療ができて、炎症が治まれば症状は緩和されるのだとか。

  • 慢性肥厚性鼻炎の場合は、血管収縮薬を使っても効果は見られません。なので、はれて厚くなった粘膜を、電気やレーザーで焼いて取り除く手術が行われます。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  • 必ずしなきゃいけないものではなく、
    慢性鼻炎の状態によってということのようですね。
    やはり、早めに治しておけば手術しなくて済むということ!

  • どんな手術なの…

  • 鼻閉に対するもっとも一般的な治療法は、下鼻甲介の粘膜を熱で凝固させる方法で、通常「レーザー手術」と呼ばれています。最近ではレーザーの代わりに、アルゴンプラズマや高周波凝固装置も用いられていますがどれも効果は同様です。
    出典 :慢性鼻炎の手術 │ 日帰り手術 │ 鼻のクリニック東京
  • 鼻の日帰り局所麻酔手術の特徴
    おおかたの総合病院の耳鼻咽喉科では1週間程度の入院をして行うレベルのれっきとした手術です。それを、経験と創意工夫で、局所麻酔下に、しかも日帰りで提供しているのであります。
    出典 :耳鼻咽喉科 日帰り手術.com | 当院の日帰り手術
     

    1日で終わる手術もあるようです!

  • これで症状がよくならなかったり、再発したりする場合には、入院して下鼻甲介の一部を切除することにより鼻腔を広げる下鼻甲介(かびこうかい)切開術をしなければなりません。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  • 手術の費用も高額…

  •  

    慢性鼻炎になってしまってから治療しても、治りにくいので、急性鼻炎のうちにしっかり治療しておくようにしましょう

  • 勝手に判断して薬局で買った薬を使い続けることは避けましょう。
    出典 :慢性鼻炎の症状