アンヒバ座薬の使用期限って?どれくらいまで大丈夫?

アンヒバ座薬の使用期限はどれくらいまで大丈夫なのなのでしょうか?まとめてみました。

  • kei 更新日:2014/09/24

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アンヒバ座薬

  • アンヒバ座薬って?

     

    アンヒバ座薬ってどんな効果がある薬なんでしょうか?

  • 子供用の熱を下げる坐薬です。カゼなどによる発熱時に用います。
    出典 :アセトアミノフェン(坐):アンヒバ
     

    解熱剤なんですね。

  • 体温は、体の体温中枢というところで調節されています。細菌やウィルスなどの病原体が体に入ると、炎症が起きて熱が出ます。そのとき、熱のもとが増えて、体温中枢に体の設定温度を上げてしまうのです。
    出典 :アンヒバ
     

    どういう仕組みなのでしょうか?

  • 解熱剤はこの熱のもと(プロスタグランジン)ができるのを防いで設定温度を元に戻す働きをしています。この熱のもとは痛みもだすので、解熱鎮痛剤は、熱にも痛みにも効くのです。
    出典 :アンヒバ
  • 解熱鎮痛剤は、高くなった熱を下げるお薬で、熱の原因を取り除くお薬ではありません。また、熱が下がるのと、病気が治るのとは違います。あくまで、熱がでて体力が落ちているときや苦しいときに一時的に使うものです。
    出典 :アンヒバ
     

    痛みや炎症を抑えるときにも処方されることがあるようです。

  • 発熱時のほか、頭痛や歯痛、耳痛などに広く用いられています。坐薬は、子供や赤ちゃんの解熱によく使われています。炎症(腫れ)をとる作用は弱いので、強い炎症を伴う痛みには向かないかもしれません。
    出典 :アセトアミノフェン(坐):アンヒバ
     

    歯痛にも用いられるんですね!

  • 病院では解熱薬として用いることが多いです。熱や頭痛を伴うカゼやインフルエンザにもよく処方されています。薬剤性の発熱にも適します。
    出典 :アセトアミノフェン(坐):アンヒバ
     

    インフルエンザにも処方されることもあるんですね!

  • アンヒバ座薬の使用期限

  • 解熱剤として、鎮痛剤として用いられるアンヒバ座薬ですが、使用期限はどれほどなのでしょうか?

  • たいていの商品は製造から三年間の使用期限ですが、「もらってから三年間」ではなく、「工場で製造されてから」です。が、そんなに古くなっていないでしょうし、半年以内なら、まず問題ないでしょう。
    出典 :座薬の使用期限 - 病気 - 教えて!goo
     

    半年以内なら問題ないとのこと!

  • 保存方法は??

  • 冷暗所(冷蔵庫)に保管しなければならないものは、ちゃんと冷蔵保管していなければ、ダメです。
    出典 :座薬の使用期限 - 病気 - 教えて!goo
     

    冷蔵庫で保管していれば大丈夫なんですね!

  •  

    冷蔵庫や冷暗所できちんと保管しましょう!

  • 温度管理が行き届いた薬剤管理庫でも1~2年くらいと言われていますから自宅で開閉している冷蔵庫で3年半経っているものは使うべきではありません。処分してください。自宅の場合は、半年くらいが限界でしょう。変質した薬品は思わぬ副作用を起こすこともありえます。
    出典 :冷蔵庫の中で保管していた「アンヒバ坐剤小児用」。病院から頂いた日が... - Yahoo!知恵袋
     

    管理をしていても副作用が心配されます。医師に相談しましょう!また、不安に思うようであれば、やっぱり新しく処方をしてもらった方がいいですね。