父親の産後ストレス!?「パタニティブルー」って!?

パタニティブルーってしっていますか?産後のストレスでブルーになるのはお母さんだけじゃないそうなのです。

view602

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パタニティブルー

  • マタニティブルーなら知ってるけど・・・と思われる方が多いのではないでしょうか? 出産後の女性は、ホルモンの乱れや出産時の疲労、育児への不安などから、気分が落ち込み うつ状態になりやすく、この状態を 『マタニティブルー』 といいます。でも産後にうつになりやすいのは、ママばかりではないようです。
    出典 :しんしろ助産所だより:パタニティブルー
     

    意外と旦那様もそうなっている事があるのです

  • 男性も

     

    育児に参加するようになりましたよね。その中で出てくるのがパタニティブルーという言葉のようです。男性も意外とうつになり易く結構びっくりな理由があるのですよ

  • 原因は

  • 妻からかまってもらえない状態が増えることでうつを起こしやすくなるのです。夫婦共うつ状態になると、子供が気の毒ですね。「パタニティブルー」の原因は、産後に起こる生活環境の変化への準備不足でしょうか。女性は「妊娠」期間中に徐々に子育てへの気持ちを準備していくようですが、男性はそうではないようです。
    出典 :産後の夫婦仲について
     

    かまってもらえない状態が続くのはつらいようですね

  • 妊娠後期から産後1ヶ月は、性交渉が途絶えるもので、特に産後は出産からの回復のため性交渉が出来ません。さらに妻が子育ての子供にしか関心を持たなくなったという印象を受けます。これでは夫婦間の意思疎がうまくできず、互いにストレスがたまりってやがてうつへと状況が悪化していきます。
    出典 :産後の夫婦仲について
     

    パパにもパパの事情があるようですね

  • 男性については原因を特定するのが難しいとポールソン氏は言う。妻がうつ状態にあるかどうか関係があるかもしれないし、人生における役割が変わったという認識や、金銭的な負担、友人や社会から切り離されることや睡眠不足が原因かもしれないと同氏は述べた。
    出典 :新米パパに「パタニティブルー」、産後の「うつ」はママと同じ-研究 - Bloomberg
  • 研究者らは米国やオランダ、スペイン、オーストラリア、英国などの2万8004人についての過去の研究を分析し、10.4%に相当する約2900人が子供の誕生前後にうつ状態に陥っていることを発見した。特に、誕生後3-6カ月に症状が出るケースが多く、これは米国などでは家族休暇制度の期間終了と重なるとポールソン氏は指摘した。
    出典 :新米パパに「パタニティブルー」、産後の「うつ」はママと同じ-研究 - Bloomberg
     

    こんな事も研究されているようです

  • パタニティブルーを克服!?

  • 症状1「自分が無力だと感じてしまう」処方箋「子供のことを知る!」子供について何も知らないことが無力感の原因では?まずは恥ずかしがらずに妻にいろいろ聞いてみよう!自発的に知ろうとすることによって、父親としての自覚も強まるもの。
    出典 :男が「父親」に覚醒するための10の処方箋 |
  • 症状2「育児に何が必要かわからない!」処方箋「ライフスタイルに合わせて、本当に必要なものを考える!」子供が生まれると家族や親戚だけでなく、多くの人が口を出したがるだろう。でも、みんなが教えてくれるものすべてを買い揃える必要はない。価格はどうか?部屋をただ散らかすだけにならないか?
    出典 :男が「父親」に覚醒するための10の処方箋 |
     

    その都度考えて行動しよう

  • 症状3「睡眠時間が少なくて限界……」処方箋「スキマ時間を見つけてどんどん寝る!」出産後の数ヶ月は慣れない育児で、目の下のクマを作りゾンビのようになる夫婦は多い。睡眠時間が少ないと判断力がにぶるし、判断力がにぶれば自分に自信も持てなくなる。だから、睡眠時間を確保するためには、どんな手段でも使おう!
    出典 :男が「父親」に覚醒するための10の処方箋 |
  • 他に出来る事は

  • 家で寝ているばかりいると、奥様もその様子を見てイライラしてしまい、つい旦那様を起こしがち。でも、ここはじっと見守って、起きるまで寝かしてあげてください。
    出典 :パパもマタニティブルー!?父親の産後ストレスについて - ベビカムまとめ
  • 夫婦の時間をつくる

     

    自分の時間や夫婦の時間を持つことがとても重要と言えるのではないでしょうか。子育てや性交渉などをじっくり二人で話し合ってみるのも大切な事だと思いますよ。